須本光希が3位発進「気持ちよく滑れた」ジュニアGPファイナル男子SP

須本光希が3位発進「気持ちよく滑れた」ジュニアGPファイナル男子SP

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)ファイナルは7日、愛知・名古屋市ガイシプラザで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で須本光希(16=浪速高)が77・10点で3位発進した。アレクセイ・クラスノジョン(17=米国)が81・33点で首位に立った。

No image

華麗な演技を披露する須本光希

課題だった冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めると、ノーミスで「雨に唄えば」を演じきった。自己ベストを3・92点更新。「素直に嬉しい」と振り返った16歳は、「今までにない歓声ですごく力に変わって、最初から最後まで気持ち良く滑れた」と観衆に感謝した。

日本男子のジュニアGPファイナル制覇は過去に05年の小塚崇彦、09年の羽生結弦、14年の宇野昌磨。8日のフリーに向け、須本は「フリーは気持ちを切り替えて、集中して心に残る演技をしたい」と静かに闘志を高めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦選手の誕生日を祝う織田信成にファン感激! 「これからも羽生選手を守って下さい」
靭帯損傷の羽生結弦 腱と骨にも炎症 練習再開は「まだ決まっていません」
車いすバスケのスーパースター「東京パラで金メダルが欲しい!」
平昌五輪を経て嵐・櫻井翔が歩む「キャスター専任」の道
羽生結弦 氷上練習再開へ 調整期間1週間 厳しい状況も...全日本出場あきらめない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加