チェルシー拡張工事に近隣住民が妨害? 英紙サン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12

チェルシーが10億ポンド規模のスタジアム拡張工事を近隣住民1家族によって妨害されていると、12日に英紙サンが報じた。

クロスウェイト夫妻はスタンフォードブリッジ(チェルシー本拠地)の隣に50年近く住んでいるが、6万人収容の工事によって自然光が遮られるため、昨年5月に工事差し止め命令を発した。

報道によると、チェルシー・オーナーのロマン・アブラモビッチ氏は6桁に及ぶ迷惑料を提示したが、同夫妻は断ったという。1万3000人の近隣住民と協議が行われ、97・5%の住民は賛同しており、迷惑料も受け取っている。週明けにも自治区が問題について、話し合いを行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】東京、ガチで雪が積もり始める
都心で積雪23cm 成田空港も閉鎖で混乱
停電でないのにエアコンきかない...過去の大雪に学ぶ
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
関東 大雪の峠を越える 路面凍結注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加