青森山田中で果たせなかった日本一の夢...三国スティビアエブス「親に感謝です」

青森山田中で果たせなかった日本一の夢...三国スティビアエブス「親に感謝です」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/01/10
No image

[1.9 全国高校選手権決勝 青森山田高5-0前橋育英高 埼玉]

日本一を夢見て青森の地を踏んだ。3年前の悔しさも晴らす全国制覇に青森山田高(青森)のDF三国スティビアエブス(3年)は「素直にうれしいです」と白い歯をこぼした。

「選手権に出ることが小学5年生のころからの夢だった。中学から青森に来て、青森山田中では全中で優勝できなくて、高校に入ったら絶対に優勝したいと思っていた」

12年の全国中学校サッカー大会で初優勝した青森山田中だが、三国が3年だった13年大会は2回戦敗退。翌14年からは3連覇中と、過去5年で4度の日本一に輝いている青森山田中が12年以降で唯一、優勝を逃したのが三国のほか、MF高橋壱晟(3年=千葉内定)、DF小山新(3年)らを擁した世代だった。

弟のFW三国ケネディエブス(1年)も1年前に全中で優勝を経験。ナイジェリア人の父と元スピードスケート選手という日本人の母を持つ6人兄弟の長男が弟に続いて日本一に上り詰め、6年越しの夢を実現した。

「選手権が一番出たい大会だった。そこで点も取れて、アシストもして、最後に優勝して、一番いい形で終われた。親に感謝です」

高校2年の夏に中盤からサイドバックに転向。苦手の守備を克服し、今大会中もクロスボールの練習を繰り返すなど“発展途上”にある186cmの大型DFは試合を重ねるごとに成長してきた。卒業後は順天堂大に進学。“日本一の左サイドバック”は大学サッカーでさらなる飛躍を目指す。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク

【特設】高校選手権2016

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
選抜出場有力の仙台育英、佐々木監督が掲げた今年のテーマとその意図は
どこよりも早い「2018年の箱根駅伝」大展望
「日本一ブサイク」なアナ、R-1敗退...早くも来年リベンジ出場を宣言
センバツ絶対V!清宮、王さんに誓った「早実の一年にしたい」
作新学院・小針監督、『指導者の役割』をテーマに講演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加