環太平洋大vs慶應義塾大

環太平洋大vs慶應義塾大

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/11/12

「走り合い」環太平洋大が地方勢の勢い見せつけ慶應義塾大に勝利

No image

ガッツポーズする沖繁(環太平洋大)

優勝候補の一角、慶應義塾大と下馬評に挙がらなかった環太平洋大の一戦を一言で表現すれば〝走り合い″。私が俊足の基準にする打者走者の各塁到達タイムは「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」で、これをクリアしたのは慶應義塾大が5人8回、環太平洋大が6人7回。ほとんど互角と言っていい。次に行われた試合のタイムクリアが九州共立大4人8回、名城大4人5回だったので慶應義塾大と環太平洋大の健脚ぶりがわかる。ちなみに私が評価するタイムクリアの人数は3人なので、この日に見た4校の走りは十分健脚と評価できる。

試合が動いたのは3回表だ。環太平洋大は7番押部 智樹(2年)がレフト前ヒットで出塁したあと二盗や相手ミスなどで三進、9番松本 知絋(2年)の内野ゴロの間に生還して先取点を挙げる。この1点が慶應義塾大の重荷になったのは環太平洋大の先発、西山 雅貴(2年)の技巧的ピッチングが冴え渡ったからだ。

ストレートの最速は137キロ、変化球は120キロ台前半のスライダーが目立つだけという極めて普通の右腕だが、非凡なのは前肩が開かないピッチングフォーム。左側面を押し出すように下半身主導で打者に向っていくので、打者はボールの出どころが見えず、ボールがあっという間に手許に来ているような錯覚を覚えただろう。6回限りで降板するまでに要した球数はわずか57球で、許した安打は2本、与四死球は0という完璧な内容。楽天から2位指名された岩見雅紀(4年)は第1打席こそ外角低めの132キロのストレートをセンター前に弾き返しているが、第2打席は3ボール2ストライクからの内角低めスライダーを空振りして三振に倒れている。

西山の降板後は技巧派左腕の岩永 啓汰(2年)、サイドハンド右腕の又吉 亮文(4年、中日又吉 克樹の実弟)、本格派右腕の大原 淳志(2年)が1イニングずつ回の頭から登板し、後続をわずか1点に抑えているが、見事なのは技巧左腕→サイドハンド右腕→本格派右腕という継投の流れ、多彩さだろう。

慶應義塾大がリリーフ攻略に手間取っているのを尻目に環太平洋大は8回表、打者9人を送る猛攻で4点を奪い試合を決定づけるのだが、見事だったのはやはり打者走者の走り。1死一、三塁の場面で栃谷 慎太郎(1年)が2点目のタイムリーを放ったときの一塁到達が4.27秒、次打者の沖繁 優一が三塁打を放ったときの三塁到達が11.58というタイム。この走りがチームに勢いを与えたと私には見えた。

慶應義塾大は7回に3番柳町 達(2年)の内野安打(一塁到達4.21秒)などで一、二塁のチャンスを作るが後続が続かず、8回は死球→四球でチャンスを作るが代打が併殺打に倒れ、9回に岩見がレフト前にタイムリーを放ち何とか完封を免れるものの後続が凡退してジ・エンド。大会2日目から地方勢の勢いを見せつけられることになった。

(文=小関 順二

注目記事

第48回明治神宮野球大会 特設サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
侍外崎が先制弾「勝つしかない」台湾林政賢打ち
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加