最新ランキングをチェックしよう
環太平洋大vs慶應義塾大

環太平洋大vs慶應義塾大

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/11/12

「走り合い」環太平洋大が地方勢の勢い見せつけ慶応大に勝利ガッツポーズする沖繁(環太平洋大) 優勝候補の一角、慶応大と下馬評に挙がらなかった環太平洋大の一戦を一言で表現すれば〝走り合い″。私が俊足の基準にする打者走者の各塁到達タイムは「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」で、これをクリアしたのは慶応大が5人8回、環太平洋大が6人7回。ほとんど互角と言っていい。次に行

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトB甲斐、フル代表に
DeNAドラ6寺田 大学再受験、バイト、独立L...26歳でつかんだ夢
現役生活21年。井口資仁がもっともスゴいと感じた選手とは
痛みで箸が持てないことも...鷹の154キロ18歳左腕が胸中激白、手術回避の理由
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加