必ず定時で帰る人は辞めそう? 社員育成テキストが波紋呼ぶ

必ず定時で帰る人は辞めそう? 社員育成テキストが波紋呼ぶ

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/09/21
No image

(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「必ず定時で帰るようになる」「会議で積極的に発言しなくなる」といった行為は「辞めそうシグナルの例」ー。

日本能率協会マネジメントセンターが発行しているテキスト『1on1式 メンバーの育て方』。社員が会社を辞めたがっている兆候だとして挙げられていた行為だ。

ネット上では「こんなので辞めるならみんな辞めてる」と疑問の声が上がっているが、同社は「『全ての人が辞めていきそう』という意味ではない」と述べた。

■目的は「メンバーを育てるため」

同社サイトにはテキストの概要として、このように説明されている。

「『自分から動く』『やる気が続く』メンバーを育てるための、定期的な対話(1on1)の技術が身につくコースです」

個人に焦点を当てた一対一の対話を定期的に持続することで、「自律したメンバー」に成長できるのだという。冊子により、自律したメンバーを育てるための「1on1式」育成スキル、信頼関係構築と成長支援に必要な対話のスキルを習得できる、とも記されている。

関連記事:共働きカップルの“家賃20万円”に衝撃 「高すぎる」「家買おうよ…」と苦言の声も

■発行理由には昨今の世相

同センターによると、テキストを発行した理由には昨今高まりつつあるハラスメント意識といった、現代で働く人達の世相があるという。

「雇用形態が異なり、年上の部下や、部下をはじめ職場のメンバー(社員など)が多様化している昨今、従来の指導法では対処できなくなっていること、ハラスメントに対する意識が高まり、メンバーとのコミュニケーションに悩む管理職が増加していることが背景にあります」

世相を受け、このテキストでは部下との円滑なコミュニケーションを図るための一助を目指している。

「こうした状況に対応するため、『1on1』など、頻度に面談を推奨する人事施策をとる企業が増加しているものの、部下と上手にコミュニケーションがとれず、『部下育成』や『組織活性化』に苦慮している管理職の方が多いという現状を踏まえ、解決の一助になるべく開発しました」

■「『全ての人が辞めていきそう』ではない」

挙げられていた「辞めそうシグナル例」5つは、冒頭の2つのほか、「何を言っても素直に返事をする」「上司との対話が減る」「スッキリとした表情をしている」。

5つのシグナル例は、執筆者の世古詞一・サーバントコーチ代表取締役が実際に会社の現場であったとされる兆候をまとめたもの。「『全ての人が辞めていきそう』という意味ではない」と前置きしつつ、同社は説明をこう続ける。

「本コースで紹介している『辞めそうシグナル例』は、上司との関係が悪かったメンバーの態度が変化した例として、実際に見られる代表的な兆候を著者がまとめたものです」

「『必ず定時で帰るようになる』というのは、あくまでも上司側から見て、忙しい部署で熱心に業務に取り組み、ときには残業も行っていたメンバーが、急に毎日必ず定時で帰るようになると『辞める可能性が高い』ということを辞めそうなシグナル例の1つとしてあげており、『定時で帰る人は全て辞めそうである』という趣旨の解説ではありません」

■定時内で帰れない社員をサポートする狙い

「定時で帰っていく」の前文には、定時内で仕事を終わらせられない社員へ向けて、解決の糸口の記述があると述べた。

「この前文には『メンバーの業務量を観察する』という項目があり、恒常的に所定時間内で業務をまっとうできていないメンバーがいる場合、業務内容を洗い出し、適切な業務量になるよう調整する必要があることを解説しています」

「本コースの学習内容はそれを未然に防ぐため『1on1ミーティング』を効果的に活用することを学習していただくものです」

同コースは2019年4月に開講。受講料は同社会員企業の社員は特別受講料1万6500円、非会員は1万8700円。売上部数は非公表。購入者の大半が企業の管理職層、管理職候補だとのことだった。

・合わせて読みたい→「今度はイッテQに!」 イモト、北川景子との完全オフショットに歓喜の声

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ、新型「ヤリス」を公開
増税対策でみんなが活用しているアプリランキング、3位Google Pay、2位Kyash、1位は?
Cooler Masterの人気CPUクーラーに白色モデルが追加
いきなり!ステーキ、売上35%減の大ピンチ。業績悪化3つの敗因
「トランプ再選」を後押しか? FRBの資産再拡大が意味するもの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加