アメコミ界の重鎮スタン・リー、93歳で来日!ずっと読み続けて!大人のファンにメッセージ

アメコミ界の重鎮スタン・リー、93歳で来日!ずっと読み続けて!大人のファンにメッセージ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2016/12/01
No image

御年93歳! いつまでもエネルギッシュなスタン・リー!

1日、スパイダーマンを生んだアメコミ界の重鎮スタン・リーが来日会見を行い、自身の仕事や、ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベルスタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』(2017年1月27日公開)について語った。

【動画】今度はどこに出てる?『ドクター・ストレンジ』予告編

ドクター・ストレンジは、スタンが1960年代にスティーブ・ディッコと共に生み出したキャラクター。満を持しての映画化となり、主演のカンバーバッチについても「100パーセント、完璧だったよ。彼自身も知性的で、いかにも天才外科医といった雰囲気だ。まさに私がオリジナルコミックで描いたイメージどおりに演じてくれた」と手放しで称賛する。

本人いわく約25年ぶりの来日。「日本に来ることができて光栄だよ」と笑顔を見せ、通訳に対して「君の日本語は完璧だね」と語りかけて周囲の笑いを誘う姿は、93歳とは思えないエネルギーに満ちている。いつまでも衰えない元気の秘訣について、「自分がやっていることを、何もかも、心から楽しむことだ」と明かすと、「自分の言っていることがしっかり伝わっているかとか、色んなことを考えながら会見をするのだって、正直に言えば拷問に近い。けれど、それさえも楽しむようにしているんだよ」と笑みを浮かべた。

No image

ユーモアたっぷりの受け答えで周囲を笑いに包んだ

そんなアメコミ界の重鎮は、日本の漫画文化についても「日本の漫画は、絵に集中している部分が素晴らしい。アメリカンコミックは絵とセリフを平等に扱っていて、その両方がないと成立しない。でも、日本の漫画は絵の力があって、そこに説明としてセリフを加えている点がとても独特だ」と称賛。自身の仕事に対しても今なお精力的で「幸運なことに、キャラクターを生み出すという作業は私にとってとても簡単なこと。仕事じゃなく、まるでゲームをしている感じなんだ。今もいくつか新しいキャラを練っている。みんなが見たこともないようなスーパーパワーを考えているよ」と明かした。

スタンといえばマーベル映画へのカメオ出演でも話題。一番印象に残っているカメオ作品について『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の名をあげると、「初めて明かすけど、このときのカメオが1番好き。なぜなら、他の作品はワンシーンに出演するだけだったけど、この映画では、ソーからとんでもなく強い酒をすすめられるカットと酔いつぶれて運ばれていくカットの2シーン分、出演できたからさ!」と笑みを浮かべた。

マーベル映画の大ヒットもあり、子供から大人まで幅広いアメコミファンから応援の声を掛けられるといい、「信じられないくらい素晴らしいことだ」というスタン。「いつまでもコミックなんか読んでるな!」と言う大人に対して言いたいことは? と質問されると、「そいつらを連れてきてくれ! 1時間説教してやる!」とジョークを飛ばしつつ、「昔は想像力が阻害されるからコミックを読むな! なんて大人も多かったけど、私はまるで逆だと思っている。どんなものであれ、活字を読むという行為は重要だ。小説でもコミックでも、それは新聞広告であっても関係ない。自分への刺激になるし、脳の活性化にもつながると思っているからね」とコメント。「かつてスティーヴン・スピルバーグが『僕と君のやっていることは同じだよ。ただ僕の絵は動くってだけさ』と言ってくれたことがあったし、シェイクスピア劇だって同じことだ。とにかく大人になっても読み続けてほしいね」と語った。(編集部・入倉功一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑充希、坂口健太郎との交際報道に「内緒です」否定も肯定もせず!
映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
女同士の究極の純愛―中田秀夫監督、初のロマンポルノ『ホワイトリリー』
河原和音原作「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未が出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加