“改正2段モーション” 走者いてもボークなし

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

日本野球機構(NPB)の井野修審判技術委員長は、11日のプロ、アマ合同規則委員会で改正が決まった2段モーションについて、プロ野球では走者がいる場合でもボークを取らないと明言した。規則委員も務める井野氏は「団体によって解釈が違う。アマにも理解してもらっている」と言及。走者の有無にかかわらず、プロではボークを取らないことになる。

11日の規則委では、昨季の西武・菊池のような2段モーションが反則投球になるとの注意書きを削除。その際に「走者がいる場合は従来通りにボーク」との説明があった。アマ側ではボークとして判定する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテが臨時コーチに井口監督の師・島田誠氏を招請
清宮が1軍キャンプ内定!日本ハム高卒新人野手では中田以来10年ぶり
阪神・糸井、ボディービルトレや!石井氏直伝“筋肉”でキャリアハイ出す
浅村、打点王獲る!目標は3割100打点「先頭に立って引っ張る」
新人合同自主トレで感じた〝猛練習時代〟の終わり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加