朝乃山○●○●○●○○「ヌケヌケ」ヌケた!2連勝

朝乃山○●○●○●○○「ヌケヌケ」ヌケた!2連勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

朝乃山(中央)は寄り切りで佐田の海を下す (撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇8日目◇17日◇東京・両国国技館

新入幕で東前頭16枚目の朝乃山(23=高砂)が、今場所初めての連勝で、5勝3敗と白星を2つ先行させた。

前日7日目から土俵復帰した西前頭12枚目の佐田の海(30=境川)と対戦。互いに得意の右四つに組み止め、左上手も引きつけた。圧力をかけ続けると、たまらず佐田の海が後退。左に回り込まれたが、送り足も万全で胸を合わせたまま密着し、正面に寄り切った。

幕内力士との対戦にも、臆せず臨んでいる。今場所一番の相撲と、自分でも納得する取組を終え「前に出たいい相撲。右を差せば冷静にジックリ行けます」と落ち着き払って話した。初の連勝には「普通ですね。あと3つ勝たないと喜べないので」と達成感に浸るのは場所が終わるまで、お預けにする。

初日から白星と黒星が交互に並ぶ、相撲用語でいう「ヌケヌケ」から脱出し白星2つ先行。ジンクス打破…と思いきや、もう1つの気になるジンクスに、朝乃山は懐疑的だ。この日を含め勝った5番は全て、支度部屋を東に構えてのもの。西から出陣した時は3戦全敗とあり「(何かに)取りつかれてる。怪しい…」と苦笑い。9日目は東から臨む千代丸戦。10日目以降、西の支度部屋で勝った時、ようやく“呪縛”から解かれるのかもしれない?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
決定戦突入なら21年ぶり11勝で優勝 前回は貴乃花不在で史上初5人決定戦
世代交代印象づけた阿武咲、白鵬超えの強さの理由は
大関豪栄道、優勝同点も綱とりの声は上がらず 横審定例会合
横綱・稀勢の里 なぜ報じない「年内絶望」と「本当の症状」(2)回復のメドが立っていない?
横審、休場3人に“完治のススメ”「結果出せるようになって出て」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加