ヤマハ トリシティ125、2018年モデル発売へ...新エンジン搭載

ヤマハ トリシティ125、2018年モデル発売へ...新エンジン搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/05
No image

ヤマハ トリシティ125 ABS

もっと画像を見る
ヤマハ発動機は、フロント二輪のオートマチックコミューター『トリシティ125』『トリシティ125 ABS』の2018年モデルを1月20日から発売する。

2018年モデルでは、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発した124cc BLUE COREエンジンを搭載する。最高出力は従来モデル比1psアップの12ps、最大トルクは2Nmアップの12Nmを発生。吸気排気バルブを4バルブ化するとともに、VVA機構を織り込み、43.6km/リットル(WMTCモード値)という低燃費とともに、高速域で心地よい加速感を実現する。

また、新エンジンとのマッチングを図った新設計フレームを採用。高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保し、足元スペースも拡大した。リア周りはツインチューブ式のショックアブソーバとグリップ性に優れた130mm幅タイヤを新たに採用し、乗り心地を向上。さらに足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用した。

ヘッドライトは、ロービーム3灯、ハイビーム2灯構成のLEDタイプを採用し、現行から継続のLEDポジションランプとの相乗効果により高級感あるフロントマスクを演出。また、12V・DC電源ジャック付き小物入れやトランク内LED照明、ECOランプ装備液晶メーター、ヘルメットホルダー(2個)などを採用し、利便性を高めたほか、踵部分の自由度が高い広いフラットフットボード、リア周りの一体感を印象づける新デザインのグラブバー/タンデムフットレストなどを採用した。

価格はトリシティ125 ABSが43万2000円、トリシティ125が39万4200円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三越伊勢丹が「正月3が日休業」を断念...ネット上には「仕方ない」という声も
今、証券会社のトップ営業マンが続々と転職している「ある職業」
ビットコインなんてやってはいけない...投機の道具、犯罪の温床に
「高く買わないでください」 人気酒「獺祭」の広告に驚きと称賛の声 社長「本当は広告出したくない」
マツダ、いよいよ初期型「ロードスター」のレストア・サービス受付を開始 外装修復のみなら250万円から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加