はしださん パーキンソンに続き、白血病発症も「わしは闘う」...通夜で元マネ明かす

はしださん パーキンソンに続き、白血病発症も「わしは闘う」...通夜で元マネ明かす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06
No image

はしだのりひこさんお通夜の祭壇=京都市伏見区のセレマ稲荷シティホール(撮影・山口登)

2日にパーキンソン病のため72歳で亡くなった、フォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手、はしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんの通夜が5日、京都市伏見区内で営まれ、ミュージシャン仲間ら約400人が参列した。

約20年前からパーキンソン病と闘い続けたはしださん。通夜では冒頭に主治医からの闘病経過を記した手紙が読み上げられ、今年5月には急性骨髄性白血病を患ったことなどが明かされた。元マネジャーで40年の付き合いになる田所資裕さん(63)は「のりさんは闘う人でした」と振り返り、急性骨髄性白血病を発症した際も「わしは闘う」と抗がん剤治療を受けたという。田所さんは「根は優しい人ですが、仕事には厳しい人でした」としのんだ。

祭壇は、白い花を並べてヒット曲「風」の文字があしらわれ、愛用のギターやサングラス、手書きの歌詞カードなどが並べられた。会場には「風」をはじめ「花嫁」「悲しくてやりきれない」の楽曲が流された。

近隣住民による弔辞で、はしださんが町内の地蔵盆にギターを持って参加して「花嫁」を歌唱したり、夜に町内でコンサートを開いていたことも明かされた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「おめでとう!」「頑張れ!」松居一代会見、掛け声の主は...
「恐ろしいほど可愛い」“くびれスト”グラドル・川崎あや、大胆にまくり上げたニット&サンタ水着のセクシーショットが最高の仕上がり!
松居一代「ナマ会見」時のワイプ 笑いこらえる女子アナ、爆笑の一茂
藤原紀香、「等身大」で演じた充実の撮影をふり返る!鈴木伸之との共演ショット公開
菊川怜に離婚危機説...イベントで結婚指輪せず、不穏発言連発で異様な空気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加