スクワット1回って一体何秒?やりやすい「スピード」について

スクワット1回って一体何秒?やりやすい「スピード」について

  • 美LAB.
  • 更新日:2017/11/17
No image

ところで・・・スクワット1回って一体何秒?「スピード」について

スクワットアドバイザーの小川りょうです。スクワット1回に何秒かけるのがいいのでしょうか?つまりしゃがみ立ち1回の「スピード」です。確かに時間を長くすればするほど筋肉には効きますが、指導者は効果以外にも、飽きずに継続できるようプログラムを設定します。それには、実際の「やりやすさ」も重要となります。では一体何秒で行うのがやりやすいのということで、最後にプロオススメのスクワット1回のスピードについてズバリお答えします。

1. まずは普通にしゃがみ立ち

意識せず、普通にしゃがみ立ちします。およそ1秒-1秒で、トータル2秒になります。

No image

2. 1秒-最下点でキープ-1秒

次に、慣れてきたら最下点で少し止めます。そして立ち上がっていきます。1秒-最下点でキープ-1秒で、トータル3秒になります。さらに、2~3秒-最下点でキープ-2~3秒でできたら行います。じっくりと筋肉に効かせるようにしながらしゃがみ立ちしましょう。

No image

ズバリ何秒?オススメのスピード

オススメの1回のスピードは、【1】2秒-【2】最下点で少しキープ-【3】2秒で、トータル5、6秒になります。しゃがむ深さは自由です。実際のやりやすさから言えば、これが適当です。ただしキープ時間はあったほうがいいです。15回ほど行いましょう。

No image

スピードはゆっくりすぎず、早すぎず

多くの指導書においても、1回のスピードは長くてトータル8秒ほどです。実際のところそれ以上は、実施しづらく間延びしてしまいます。

No image

確かに時間を長くすればするほど筋肉は刺激されますが、実際にやりやすいかということが重要となります。スピードはゆっくりすぎず、早すぎずで。※あくまで健康寿命延伸、一般的な健康・美容目的のスクワットにおいて、老若男女、初心者・経験者が実施・継続可能な設定としました。

小川 りょうスクワットアドバイザー/健康運動指導士提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
来年から「配偶者控除」改正、おもな変更点を荻原博子が解説
IKEAの『人感センサー付きLED照明』が爆安なくせにチョー使える! 価格は2つ入りで799円なり
ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん突然死 前触れなく破裂する大動脈剥離の怖さ
「あんまり怒らない人」にありがちなこと8つに共感の声 「すごくわかる」「あるある」「当てはまりすぎて怖い」
危険?安全?生理中のセックスの正しい知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加