NYの視点:米9月FOMC議事録/低インフレの長期化を懸念

NYの視点:米9月FOMC議事録/低インフレの長期化を懸念

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/12
No image

株式会社フィスコ

米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した9月19−20日開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、多くの当局者が12月までの追加利上げが正当化されると考えていることが再確認された。米金利先物市場での12月の利上げ確率は80%で、利上げを織り込んでいる。FRBは9月FOMCで市場の予想通り政策金利の据え置きを決定。同時に、4.5兆ドルにのぼる保有資産の縮小を10月から緩やかに開始する方針を発表した。

9月会合では同時に、インフレの低下が一時的であるか、長期化するものなのかどうかを協議。一部の当局者は年内の追加利上げを支持する前に物価が上昇した強い証拠が必要だと主張した。多くの当局者が低インフレが一時的要因のみでなく、長期化する可能性に懸念を強め始めた。数人の当局者は年内の追加利上げは今後数か月の経済のデータで、インフレが2%の目標に向けて上昇するとの自信が強まるかどうか次第だと主張。

FRBの平均金利見通しは年内にあと1回、2018年に3回。FRBの見通しは市場に比べて楽観的となる傾向にある。今後のインフレ動向次第では利上げペースが鈍化する可能性もある。

<CS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「日本初のコンタクトレンズ誕生の地」記念プレート撤去へ 名古屋で266年続くメガネ店「玉水屋」11月末閉店
神鋼、日産の“チキン”ぶり 不正ドミノで名門看板台無し
テレビの影響力はまだまだ強い、一方「新聞離れ」は急速に
京都、外国人観光客急増で地価高騰...北海道ニセコ、中国マネーの爆買いでバブルの様相
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加