K1平本蓮「不撓不屈の戦いを」来春ゲーオ戦が決定

K1平本蓮「不撓不屈の戦いを」来春ゲーオ戦が決定

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/08
No image

K-1スーパー・ライト級で来年3月の対戦が決まった前王者ゲーオ・ウィラサクレック(左)と平本蓮(撮影・吉池彰)

来春のK-1スーパー・ライト級スーパー・ファイトで、前王者ゲーオ・ウィラサクレック(33=タイ)と平本蓮(19)が対戦する。

K-1実行委員会が7日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで3月21日に行う「K-1 WGP 2018 ケーズフェスタ・ワン」(日刊スポーツ新聞社後援)で実施することを発表した。

2014年11月の新生K-1旗揚げ大会で、ゲーオは初代65キロ(現スーパーライト)級王座に就き、当時、高校生の平本はK-1甲子園王座を獲得した。あれから3年余りでゲーオは6月のタイトル戦で現王者・野杁正明(24)に敗れ、王座を陥落。一方の平本は2月の初代ライト級王座決定トーナメントで準優勝と力を付けてきた。

レジェンドとの対戦決定に平本は「14年11月にゲーオぶっちぎりの優勝を見た時は、自分がここに立つには何年かかるのかと思ったが、最強伝説の選手とついに戦える。夢の舞台が整った。不撓(ふとう)不屈の戦いをしたい」と、今、話題の貴乃花親方の横綱昇進時の口上を借りて、はやる気持ちを表現した。

対するゲーオは「先輩として受けて立つ。2018年は1試合ずつ着実に戦って、チャンピオンに返り咲きたい」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
EVIL&SANADA組が初V 1・4東京DでIWGPタッグ王座に挑戦だ
ジェリコが来た!オメガを血祭り、タクシーで逃走
「キム・ヨナのライバル」浅田真央さんが初マラソンで完走=韓国ネットから“異例”の賛辞「本当にすごい」「チャレンジを応援するよ」
EVIL&SANADAがWTL初V!タッグ王者KESに挑戦へ
五輪出場を目指す高山が弁護士会で講演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加