ハリウッド映画は中国の影響でどのように変化したか?

ハリウッド映画は中国の影響でどのように変化したか?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2016/12/01
No image

ここ数年のハリウッド映画では、これまでに比べて中国の存在感が大きくなっていることを感じます。これは気のせいでも何でもなく、中国市場が2017年には世界最大になるという流れを受けてのもの。また、中国で映画を公開するために、いろいろな策を講じる必要もあるようです。

How China is changing Hollywood - YouTube

著名な事例の1つが映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」です。例えば、香港で敵戦闘員との戦いに助太刀してくれる男を演じたのはボクサーの鄒市明です。

No image

この作品では、実在の製品・サービスを作品中に登場させる「プロダクト・プレイスメント」が多用されました。たとえば大手乳製品メーカー・伊利集団の牛乳や……

No image

テキサスの砂漠に置かれた中国建設銀行のATMなどです。

No image

中国では「中流階級」が増加中で、2020年には4億7200万人にも上るとみられます。

No image
No image

消費対象の1つが映画。これまで映画大国といえばアメリカでしたが、2017年には中国の映画市場はアメリカの市場を上回る規模になるとみられています。

No image

また、2016年に中国では1日27スクリーンというペースで映画館が増加。11月にはスクリーンの総数は4万を突破し、こちらもアメリカの数を追い抜きました。こうなってくると、ハリウッドの映画制作者たちは当然、いかにして中国市場へアプローチするかを考えるようになります。

No image

たとえば「トランスフォーマー/ロストエイジ」は全世界興行収入が10億ドル(約1130億円)というヒット作になりました。

No image

内訳を見てみると、北米での興行収入は2億4543万ドル(約280億円)。

No image

中国ではそれを上回る3億2000万ドル(約360億円)を稼ぎ出しました。

No image

問題は、中国では政府が上映する海外映画の数を決めているということ。また、政府の検閲を通過する必要があります。

No image

1990年以前、中国の観客にまで届けられたハリウッド映画はわずかでした。その一例が1982年の「ランボー」

No image

1970年の「ある愛の詩」

No image

1953年の「ローマの休日」

No image

1960年の「スパルタカス」

No image

残りの大多数は、中国製のプロパガンダ映画が上映されていました。たとえば、1970年の「智取威虎山」。

No image

そして1961年の「红色娘子军(紅色孃子軍)」。

No image

しかし、この戦略は失敗。1979年には239億枚売れていたチケットが……

No image

1993年には95億枚にまで落ち込みました。

No image

そこで1994年に海外新作映画が上映できるよう変革が行われました。その第1弾が「逃亡者」。このとき、映画館の外ではチケットを2倍の価格で売るダフ屋が出ていたそうです。

No image

1994年に公開された海外映画は10本。

No image

2001年に20本まで増やされ、2012年には34本になりました。

No image

アメリカ映画を中国で上映するには3つの方法があります。

No image

1つはレベニューシェア、もう1つは共同制作、最後は定額制です。

No image

もっともポピュラーなのがレベニューシェアで、この場合のスタジオの取り分は25%です。

No image

しかし1年間に公開できる作品の数は34本。

No image

この34本に選ばれるために、ここ10年、アメリカ映画は戦略的に中国要素を映画に取り入れてきました。

No image

たとえば、2012年公開の「レッド・ドーン(Red Dawn)」は1984年に公開された「若き勇者たち」のリメイク映画です。

No image

もともとはソ連を中心とした共産圏の軍隊が攻めてくるという作品で、リメイクに当たってソ連を中国に変更して制作が行われていましたが、「中国向け戦略」のため、敵が北朝鮮に変更され、再編集が行われました。

No image

ほかに「2012」「ワールド・ウォーZ」「オデッセイ」「ハリー・ポッター」で中国の扱いが向上しています。

No image

34本制限をかいくぐるべく、ほかの手法を採る作品もありますが、「定額制」はほとんど用いられません。

No image

なぜなら、スタジオに入るのは最初のフィルム代だけで、興行収入はすべて中国側に入ってしまうためです。

No image

残る選択肢は、中国資本との共同制作です。

No image

これはこれでいろいろと厳しい条件がつきます。たとえば、上海など中国国内で撮影したシーンを入れること、金銭面の条件などなど。

No image

そして「トランスフォーマー/ロストエイジ」のように中国人俳優を起用すること、です。

No image

かつ、中国は映画の中で大きな役割を果たす必要があり、悪役ではいけません。

No image

「LOOPER/ルーパー」の場合、映画公開前に制作会社が中国のメディアグループ・DMGと提携。

No image

作中で、主人公が上海にいるシーンが出てきます。

No image

しかし、このシーンは脚本ではパリにいる部分が変更されたものでした。

No image

上海でのシーンはかなり長かったため、国際版ではカットされました。つまり、中国公開版では上海でのシーンが15分多く含まれています。

No image

これが中国での興行収入を作られた国で分けたもの。赤で示された中国・香港製が上位に入ってきています。

No image

ハリウッドからすればうまくやっていきたいマーケットである中国ですが、一方の中国は単なるマーケットに甘んじるつもりはなく、自分たちの「ハリウッド」を作ろうとしています。

No image

巨額の投資を受けてさらに伸びていく中国とハリウッドの関係は、これからどうなっていくのか……。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国は世界中で誤解されている! 「こんなに発展したのに納得できない」=中国報道
大気汚染対策の切り札「ミスト砲」は無用の長物?!専門家が批判―中国
トランプ氏の批判に中国外務省が反論
ベトナム、南沙諸島の岩礁でしゅんせつ作業開始 衛星画像で判明
韓国通「韓国人にとって嫌いな国1位も憧れる国1位も日本」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加