東海大は全学生に薬物調査へ 使用者情報は明かさず

東海大は全学生に薬物調査へ 使用者情報は明かさず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

会見を終え頭を下げる左から伊藤野球部長、山田学長、内山教学部長(撮影・鈴木正人)

東海大は17日、神奈川・平塚の湘南キャンパスで会見を開き、複数の硬式野球部員による寮内での違法薬物使用が確認されたため、同部の活動を無期限停止すると発表した。当該部員は「興味本位で大麻を使用した」と話している。

◇   ◇   ◇

○…東海大は、違法薬物使用者の氏名だけでなく、正確な人数、学年、レギュラーかなど、特定につながる可能性がある情報については、質問に対し一切、伏せた。山田学長は、当該者の更生に尽力するとした上で「未来のある学生たちです。刑法的には罪を問われない場合も出るかもしれない。特定できる情報を差し上げるのは差し控えさせていただく」と説明した。今後は野球部だけでなく、全学生に対し薬物使用の調査を実施するという。入学時のガイダンスなどで薬物の危険性に関する啓発を行ってきたが、クラスやゼミ単位での指導も行っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加