犬がおならを頻繁にするときに考えられる病気5選

犬がおならを頻繁にするときに考えられる病気5選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/02/23
No image

犬も「おなら」をするって本当なの?

No image

「おなら」は自然な生理現象となり、止めることができません。実は人間に限らず、動物もおならをします。もちろん犬も例外ではありません。

おならとは、腸に溜まったガスや空気が肛門から排出されることを指します。ほとんどの成分が空気ではありますが、体調不良や病気のときには体内にガスが発生しやすくなり、おならの回数が増えることがあります。

「おなら」から考えられる病気

No image

胃炎(慢性胃炎・急性胃炎)

胃の粘膜に炎症が起こり、嘔吐や食欲低下が見られます。全ての犬種に発生する可能性がある病気です。胃腸の動きが悪くなるため、おならの臭いや口臭に変化が表れやすいです。

腸炎

原因は多岐に渡り、細菌感染や寄生虫、免疫疾患など様々です。腸炎になると、嘔吐や下痢による脱水症状が起こります。衰弱が進むと他の病気を併発することがあるため、注意が必要です。

炎症性腸疾患

総称して「IBD」と呼ばれる原因不明の慢性腸障害です。自己免疫性疾患に分類され、長期間に渡る慢性嘔吐と下痢が主な症状となっています。残念ながら完治が難しく、内服薬の投与、食事療法を中心として症状を抑えるようになります。

膵外分泌不全

膵臓の消化酵素が欠乏し、消化不良を起こす病気です。栄養の吸収が十分にできなくなっていくので、食欲はあるのに痩せていく…という変化が見られます。大型犬に発症しやすい傾向があるようです。

腸内腫瘍(大腸ガン・直腸ガン)

大腸ガン・直腸ガンになると、軟便や血便の症状が見られます。腸内に腫瘍ができるとおならの臭いが強くなるため、異常に気付くこともあります。

「おなら」をしやすい犬種は?

No image

鼻が潰れている短頭種は、口呼吸の際に空気を大量に飲み込むため、おならが出やすい犬種とされています。元気で食欲があれば緊急性は下がりますが、知識として覚えておきましょう。

《短頭種の一例》

パグ

フレンチブルドッグ

ボストンテリア

ペキニーズ

ボクサー犬 など

犬の「腸内フローラ」を整えるには?

No image

最近話題の「腸内フローラ」、年齢によって違いがあり、動物の種類によっても特徴があります。腸内では多数の細菌がバランスを取りながら生息しており、その様子が「お花畑([英] flora)」のように見えることから『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

《腸内フローラを整える方法》

ストレスのケアを行う

食物繊維を豊富に含むドライフードを与える

ペット用のサプリメントを活用する

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」の3グループで構成されています。善玉菌が増えて腸内環境が良い状態だと、免疫力や抵抗力が高まり、病気にかかりにくい健康な身体を作ることができます。

まとめ

No image

健康な犬でも、日常的におならをしています。おなら自体が悪い訳ではありませんが、頻度の高さや臭いの状況によって、重大な病気が隠れている可能性が考えられるため、異常を見つけたら早めに動物病院に行くようにしてください。

手軽に受けやすい「腸内フローラ検査」のサービスも増えてきています。検査結果を元に食生活と生活習慣を見直し、愛犬と一緒に健康な毎日を過ごしましょう!

(獣医師監修:平松育子)

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が飼い主に寄り添っている時に考えていること5つ

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
_ayu.0629_

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加