山陽本線 姫路~英賀保間に新駅設置へ 2026年春開業予定 JR西日本

山陽本線 姫路~英賀保間に新駅設置へ 2026年春開業予定 JR西日本

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/01/14

姫路市内に4駅目のJR新駅

No image

関西圏で活躍する223系電車(恵 知仁撮影)。

JR西日本は2021年1月14日(木)、山陽本線の姫路駅と英賀保駅の間に新駅を設置すると発表しました。

設置予定場所は姫路市西延末地内で、英賀保駅の東方約2.8km、姫路駅の西方約1.8km地点です。橋上駅舎で、12 両対応の相対式ホームとなる予定です。

開業は2026年春を予定しています。なお同じ姫路市内には、2005(平成17)年に御着~曽根間にひめじ別所駅が、2008(平成20)年には英賀保~網干間にはりま勝原駅が、2016(平成28)年には姫路~御着間に東姫路駅が開業しています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加