広島の会沢が攻守で受難 打席で死球、守備ではロドリゲスのバットが直撃

広島の会沢が攻守で受難 打席で死球、守備ではロドリゲスのバットが直撃

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

3回、死球を受け悶絶する会沢(撮影・飯室逸平)

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

「8番・捕手」で先発出場した広島・会沢翼捕手が攻守で受難に見舞われた。

この日の第1打席となった三回は先頭で阪神先発・藤浪から背中に死球。その場に倒れ込んだが、一塁まで自力で歩いてプレーを続行した。

守備では五回。先頭のロドリゲスが三ゴロに凡退した場面でロドリゲスの振り終わったバットが体に直撃。ベンチからトレーナーが駆けつけたものの、そのままマスクをかぶった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加