アクアレーベルの人気おすすめ11選!美白・ハリ・保湿のサポートに

アクアレーベルの人気おすすめ11選!美白・ハリ・保湿のサポートに

  • TravelBook(トラベルブック)
  • 更新日:2021/11/25

アクアレーベルは手に取りやすい価格でありながら、肌悩みごとにスキンケアのラインが取り揃えられているブランド。「毎日、ぜいたくな肌効果を」をコンセプトに、自分磨きに励む方を応援してくれるアイテムが豊富。実店舗でも取り扱いのあるアクアレーベルですが、買いに行く時間のない方は、通販の利用がおすすめ。とくに化粧水はスキンケアの大切な第一ステップとなるため、とても重要。使う化粧水を選ぶにあたり、「すべての化粧水を検討してから選びたい」という方のために、今回はアクアレーベルの化粧水のラインナップを一挙ご紹介!

美容・ビューティ&ヘルス記事を探す

この記事を監修する専門家

アクアレーベル化粧水おすすめの選び方は?

アクアレーベル化粧水は肌悩み別に4つのラインにわかれています。そのため、自分がどのようなことに悩んでいるのか、どのような肌悩みがあるのかと向き合い化粧水を選ぶのがおすすめ。アクアレーベルの4つのスキンケアラインについてお伝えします。

アクアウェルネス

アクアレーベルの中で、最も新しいラインがアクアウェルネス。2021年8月に新発売となったまだまだ若いラインとなっています。アクアウェルネスは日本の水を使用し、ツバキ種子発酵エキスGL(保湿成分)が配合されているこだわりのスキンケアライン。

シンプルなケアをキーワードに開発されているのもアクアウェルネスの特徴。シンプルでありながら、たっぷりの潤いを角層に届け、肌のキメを整えます。

化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類から選べます。仕上がりの好みに合わせて選択できるため、オイリー肌の方から乾燥肌の方まで使いやすくなっているのも魅力。

保湿・肌あれケア

アクアレーベルに配合されている共通成分に、グリチルリチン酸ジカリウムが加わったのが保湿・肌あれケアのラインです。

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草の根から抽出される成分。古くから様々な製品に用いられてきた植物由来の成分。無香料・無着色・アルコールフリー。肌あれを防ぎながらしっとり潤し、健やかな肌へと導きます。

美白ケア

美白ケアのラインはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐのは勿論、ハリや乾燥の悩みもケアできる様に作られています。保湿成分としてパールシェルエキスを配合。

パールシェルエキスは加水分解コンキオリン液とグリセリンが組み合わされた成分。乾燥により、くすんで見える肌に潤いを与え、透明感のある肌へと導きます。

エイジングケア

年齢とともに気になりはじめる小じわ。小じわの主な原因は乾燥です。アクアレーベルのエイジングケアラインは濃密な潤いで乾燥による小じわを目立たなくします。(効能評価試験済み)

そのために配合された成分がパルミチン酸レチノールとローヤルゼリー発酵液(保湿成分)。肌をなめらかに整え、ハリつやのある肌を叶えます。

アクアレーベル化粧水11選|化粧水を一挙ご紹介!

アクアレーベルのオールインワンも含めた、化粧水のラインナップをご紹介します。自分の肌悩みと向き合い、最適な化粧水を選ぶ参考にしていただけたら幸いです。

アクアレーベル アクアローション(さっぱり)

アクアレーベルの化粧水11選、1番目は 「アクアレーベル アクアローション(さっぱり)」です。

おすすめポイント

日本生まれの素材と技術が使われているアクアローション。日本酒の発酵技術を応用し、水分を保つ特性のある、ツバキ種子発酵エキスGL(ツバキ種子発酵エキス、グリセリン)が角層のすみずみまで潤いを届けます。

さっぱりタイプはキシリトールが保湿成分として配合されており、スーッと馴染んでサラッとした仕上がりに。化粧水を塗布したあとのべたつき感が苦手な方におすすめです。皮脂が多くなる夏など、季節によって使い分けるのも良いでしょう。

アクアレーベル アクアローション(しっとり)

アクアレーベルの化粧水11選、2番目は 「アクアレーベル アクアローション(しっとり)」です。

おすすめポイント

アクアローションのしっとりタイプはマイクロカプセル化した美容オイルを配合し、角層に潤いを届けるのが特徴。スーッと肌に馴染み、しっとり潤うのにさらりと仕上がります。

アクアローションは日本の水にこだわって作られていますが、同じく保湿成分にも日本の四季を感じられる素材が使われています。たとえば、ツバキ種子(ツバキ種子発酵エキス)やさくら(ソメイヨシノ葉エキス)、オクラ(オクラ果実エキス)、お米(加水分解コメエキス)など。自然の恵みが感じられる化粧水となっています。

AQUALABEL(アクアレーベル) バランスケア ローション M

アクアレーベルの化粧水11選、3番目は 「AQUALABEL(アクアレーベル) バランスケア ローション M」です。

おすすめポイント

乾燥を繰り返しがち・年中肌が乾燥する、という方におすすめの化粧水。シミ*・ハリ・乾燥をトータルにケアできるバランスケア ローションはエイジングケア(年齢に応じたケア)にもおすすめ。

乾燥しがちな方は角層に十分な潤いが届いていない状態。すると角層内に保っていた水分をさらに蒸散させてしまうだけでなく、外部からも乾燥の影響を受けやすくなります。こちらのローションは健やかな肌を保ち、肌あれを防ぐ有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合。たっぷりの潤いで角層を満たし、ハリのある肌へと導きます。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

アクアレーベル バランスケア ローションRM(コクがあるしっとりタイプ)

アクアレーベルの化粧水11選、4番目は 「アクアレーベル バランスケア ローションRM(コクがあるしっとりタイプ)」です。

おすすめポイント

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

ン、グリセリンなど、様々な保湿成分が配合されています。やさしいテクスチャーで肌に馴染み、角層を潤いで満たします。

コクのあるしっとりタイプは、まるで美容液のようなとろっとしたテクスチャーが特徴。濃密な潤いを角層に与えて保ちます。かさつき・ごわつきを感じる肌から潤いにみちたふっくら弾むハリ肌を目指しませんか?

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

アクアレーベル スペシャルジェルクリームN(モイスト)

アクアレーベルの化粧水11選、5番目は 「アクアレーベル スペシャルジェルクリームN(モイスト)」です。

おすすめポイント

まるで潤いを浴びたような保湿力のある、スペシャルジェルクリームのモイストタイプ。保湿に特化したモイストタイプはアクアレーベルのオールインワンシリーズの中で、最高濃度のコラーゲンGL(水溶性コラーゲン・グリセリン、保湿成分)が配合。たっぷりの潤いを与えるだけでなく、ベールの様に肌を包み、潤いを角層に閉じ込めます。

やわらかな肌へ導く紅茶エキス(チャ葉エキス)と保湿成分が肌をしっとり潤し、ぷるんと弾むような肌に仕上げます。肌馴染みよく、高保湿でありながら、べたつかない使用感も人気のようです。

AQUALABEL(アクアレーベル) ホワイトケア ローション M

アクアレーベルの化粧水11選、6番目は 「AQUALABEL(アクアレーベル) ホワイトケア ローション M」です。

サラサラし過ぎない適度なとろみのあるテクスチャーで、べたつきのないしっとりとした肌へ仕上げてくれる美白化粧水です。美白有効成のトラネキサム酸配で、シミやそばかすを防ぎ、今ある色素沈着などにも効果を発揮。透明感のある肌へと導いてくれます。リーズナブルな価格設定なのもうれしいポイントです。

アクアレーベル ホワイトケア ローションRM

アクアレーベルの化粧水11選、7番目は 「アクアレーベル ホワイトケア ローションRM」です。

おすすめポイント

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

美白*有効成分であるトラネキサム酸に加え、パールシェルエキス(加水分解コンキオリン液・グリセリン)が、うるおいと透明感のある肌へと導きます。角層を潤いで満たすことで、肌のキメが整い、ツヤやかに。

まるで美容液のようなとろっとしたテクスチャーの化粧水がしっとりと角層を潤します。ふっくらとしたなめらかな肌へと導きます。医薬部外品ですが、手に取りやすい価格なので、ライン使いもおすすめです。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

アクアレーベル スペシャルジェルクリームA(ホワイト)

アクアレーベルの化粧水11選、8番目は 「アクアレーベル スペシャルジェルクリームA(ホワイト)」です。

おすすめポイント

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

2種類のヒアルロン酸をはじめ、コラーゲンGL(水溶性コラーゲン・グリセリン)などの保湿成分が配合されています。さらに、肌をやわらかく整える紅茶エキスがふっくらとしたやわらかな肌に。

美白*有効成分として4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)が配合され、透明感のあるクリアな肌へと導きます。ポイントとなるのはチャージアミノ酸WH。この成分は資生堂の独自技術により発見されたもの。

D-グルタミン酸・DL-アラニン・DL-メチオニンから構成されており、角層の潤いを守ります。ぜいたくなテクスチャーでありながら、スーッと馴染むのでべたつきが苦手な方にも使いやすいアイテムでしょう。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

アクアレーベル バウンシングケア ローションM(みずみずしいしっとりタイプ)

アクアレーベルの化粧水11選、9番目は 「アクアレーベル バウンシングケア ローションM(みずみずしいしっとりタイプ)」です。

おすすめポイント

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

年齢を重ねるとともにあらわれるさまざまな肌悩み。バウンシングケア ローションはそんな複合的な悩みにアプローチ。美白

有効成分のトラネキサム酸が気になるシミ

にアプローチし、パルミチン酸レチノールとローヤルゼリー発酵エキスGLが角層を潤し、乾燥による小じわを目立たなくします。(効能評価試験済み)

みずみずしい使用感でありながら、しっとりと潤い、角層に潤いを与えて保ちます。潤いに満ちた肌はキメが整い、ツヤを楽しめます。年齢とともに気になり出す部分にアプローチし、クリアで弾むようなハリ肌に導くローションとなっています。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

AQUALABEL(アクアレーベル) バウンシングケア ローション RM

アクアレーベルの化粧水11選、10番目は 「AQUALABEL(アクアレーベル) バウンシングケア ローション RM」です。

レチノールのほか、肝斑ケアにも効果が認められている美白※1成分のトラネキサム酸をはじめとする美容成分をたっぷりと配合し、シミやそばかす、くすみ※2、ハリ不足などの年齢肌の悩みをトータル的にケアしてくれるエイジングケア化粧水です。コクがあるしっとりとした使用感で乾燥肌の人にもピッタリです。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

※2 乾燥によるもの

アクアレーベル スペシャルジェルクリームA(オイルイン)

アクアレーベルの化粧水11選、11番目は 「アクアレーベル スペシャルジェルクリームA(オイルイン)」です。

おすすめポイント

年齢とともに、肌は乾燥しがちになります。肌が乾燥すると小じわや肌荒れなどの原因になります。そのため、しっかり角層を潤いで満たすことが大切です。スペシャルジェルクリームのオイルインタイプは、エステのようなぜいたく保湿が叶うアイテム。肌を潤しやわらかく整え、角層のすみずみまで潤いを届け、届けた潤いをベールの様に包み込み保つ、3ステップが高保湿の秘密。

さらに、大人肌に油分を補うために、3種類のオイル(オーガニックホホバオイル・スクワラン・オーガニックセサミオイル)が配合されています。スーッと溶け込むように馴染み、べたつきのない仕上りに。たっぷりの潤いで弾むようなハリ肌へと導きます。

アクアレーベル化粧水の特徴は?

アクアレーベルの特徴はなんといっても手に取りやすい価格であるにもかかわらず、贅沢な潤いを感じられるところ。肌悩み別に4つのライン展開となっています。しかも、悩み別に容器が色分けされていて、一目でどのラインか見分けが可能。

また、アクアレーベルは化粧水だけでなく、乳液やクリーム、オールインワンジェルのラインナップも豊富。手に取りやすい価格のため、ラインで肌悩みにアプローチするのもおすすめです。

リッチなテクスチャーが特徴のアクアレーベルのアイテムですが、こだわって配合された3つ共通成分(アクアウェルネス以外)があります。それぞれの成分についてお伝えします。

美白有効成分のトラネキサム酸

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐトラネキサム酸が配合されています。クリアな肌を保つには欠かせない美白有効成分。20代の方は、まだシミ・そばかすはないから大丈夫、と思っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、油断していたら紫外線の影響を受け、年齢を重ねるとともにシミ・そばかすの悩みが表に出てくることに…。普段から美白をスキンケアに取り入れることを心がけたいです。

できてしまったシミ・そばかすをスキンケアで改善することはほぼ不可能。そのため、悩みが表にでてこないように防ぐことが大切。そのための成分が、アクアレーベルの3シリーズには配合されています。

チャージアミノ酸WHでふっくらハリ感

チャージアミノ酸WHは美肌必須成分としてアクアレーベルのスキンケアラインに配合されています。こちらの成分はD-グルタミン酸、DL-アラニン、DL-メチオニンの3つの潤い保持成分から構成。角層のすみずみまで潤いを与えて保ちます。

肌は年齢を重ねるごとに、肌の水分を保つ力が弱くなり、乾燥しがちに…。与えた潤いを逃がさないよう、工夫されているアクアレーベルの3シリーズなら潤いに満ちた肌を楽しめます。そのためにも、毎日のスキンケアは欠かさないようにしましょう。

2種のヒアルロン酸と水溶性コラーゲンでしっとり保湿

2種類のヒアルロン酸と水溶性コラーゲンが乾燥しがちな肌(角層まで)に潤いを満たします。保湿成分として有名なヒアルロン酸は1gで最大6Lの水分を保持できると言われています。

水溶性コラーゲンは保湿に重要な成分。本来、コラーゲンは水に溶けにくいことから、そのままでは化粧品への配合が配合が難しいで成分です。その課題をクリアし、水に溶けやすくしたのが水溶性コラーゲンです。

他の保湿成分とも組み合わせることで、乾燥を防ぎます。乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となります。乾燥を防ぐためにはしっかり保湿することが大切。保湿を重視して作られているているアクアレーベルは強力な味方となるでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加