NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ

高知 新型コロナ対応ステージ警戒に引下げ

  • 高知RKCニュース
  • 更新日:2021/07/21

高知県は、新型コロナウイルスの感染状況が一定落ち着いているとして、21日、約2か月ぶりに対応ステージを「特別警戒」から「警戒」に引き下げた。また、県民への「会食は4人以下で2時間以内」とする要請を7月25日で終了する。

県は21日午後、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、今後の対応方針を決めた。

県は、5月24日以降、感染者の急増にともない感染症の対応ステージを、5段階のうち2番目に高い「特別警戒」にしてきた。一方、現在の県内の感染状況は、病床の占有率が、「特別警戒」の判断指標となる20パーセントを若干超えているものの、直近1週間の新規感染者の数や感染経路不明の割合などは、「特別警戒」の指標を下回っている。

このため、県は、総合判断として21日、感染者の対応ステージを「特別警戒」から1段階低い「警戒」に引き下げた。また、会食について「4人以下で2時間以内」とする県民への要請も7月25日で終了し、翌日26日から8月22日までは「可能な範囲で規模縮小・時間短縮」を呼びかけることにた。

一方、東京や沖縄など緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象地域への往来は引き続き、必要最小限とすることを県民に要請している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加