ホンダS800に劣る非力な大衆車エンジン! それでも「トヨタ・スポーツ800」が「エスハチ」のライバルたりえた技術の追求とは

ホンダS800に劣る非力な大衆車エンジン! それでも「トヨタ・スポーツ800」が「エスハチ」のライバルたりえた技術の追求とは

  • WEB CARTOP
  • 更新日:2022/11/25
No image

この記事をまとめると

■1960年代に大衆車パブリカのエンジンを流用して製作されたスポーツカーがトヨタS800だった

■45馬力のエンジンで軽量化と空力を武器に最高速度155km/hを達成した

■軽量・小型を原点に流麗な姿を加えた日本の誇るライトウェイトスポーツカーとなっている

大衆車のエンジンでスポーツカーを成立させたトヨタの技術力

トヨタ・スポーツ800とホンダS800は、1960年代半ばの小型スポーツカーとしてよき競合であった。国内レースにおいても、雌雄を決するような場面があった。

No image

しかし、その成り立ちは対照的だ。ホンダS800は、その前にS500、S600の存在があり、2輪車メーカーとして誕生したホンダが、4輪車のメーカーとしても取り組みを開始するなか、バイクの技術を活用しながら進化させていく姿があった。とりわけホンダの4輪車を特徴づけたひとつが高性能エンジンであった。商用の軽トラックT360でさえ、DOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)の機構を採用していたほどである。

したがって、ホンダS800のエンジンは、自然吸気で70馬力を出していた。自然吸気エンジンでは、1リッター当たり100馬力というのが高性能のひとつの指標であり、50年以上も前のホンダS800のエンジンは、排気量800ccあたり70馬力に達していたのである。

これに対し、スポーツ800のエンジンは、ほぼ同じ排気量でありながら45馬力だった。ホンダS800の3分の2ほどの出力でしかない。

No image

トヨタにエンジン技術がなかったわけではなく、大衆車として経済性を重視したパブリカのエンジンを活用してつくられたスポーツカーであったからだ。

軽量化と空力でライバルに挑んだ偉大なライトウエイトスポーツカー

では、そのエンジンで、いかにしてスポーツカーとしての醍醐味を味わわせるかにトヨタの真骨頂がある。それは軽量化と空力にあった。スポーツ800の車両重量は、わずか580kgであり、ホンダS800の755kgに比べ175kgも軽く仕上げられていた。これは、大人の体重を60kgと仮定したとして、3人分に近い重さに相当する。いまのクルマでも、ひとり乗りのときと3人乗りでは、加速感も違うし、燃費も違ってくる。

また、スポーツ800の流麗な外観は、コンセプトカーとして試作されたときには航空機のキャノピーのようなガラス張りの造形であったとされるほど、空気抵抗の少ない姿を追求していた。

No image

軽量化と空力の追求により、スポーツ800の最高速度は時速155kmであり、ホンダS800の時速160kmと比べ、時速5kmの差でしかない。直線路を走った最高速度でのこの僅差は、サーキットでのレースや、山間の屈曲路での操縦性などにおいて、十分に勝負のできる性能といえるのではないか。

クルマの究極の目標は、軽量・小型といわれる。そこに、優れた動力性能があればなおよい。スポーツ800は、軽量・小型の原点を追求し、加えて空気抵抗の少ない流麗な姿によって、日本の誇るライトウエイトスポーツカーとして欠かせない1台といえる。

No image

さらにスポーツ800はのちに、ガスタービンエンジンを使うハイブリッド車の試作にも活用されるなど、多彩な歴史も記している。

No image

御堀直嗣

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加