子どもが隣の車を傷つけ「100万円」請求された...これって支払わなければダメ?(下)

子どもが隣の車を傷つけ「100万円」請求された...これって支払わなければダメ?(下)

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2021/02/21
No image

(イラスト/fmwork)

●前回までのあらすじ

ファミレスの駐車場で、隣の車のドアに傷をつけてしまった息子の歩夢(9)。相手の男性は激怒し、母親の遥(31)に対し「ドア一式取替えないとダメだから、100万円はかかる」と言ってきました。

【おすすめ記事:【上】悲劇!子どもが駐車場で隣の車に「ドアパンチ」…しかも修理代は100万円!?】

「いくらなんでも、傷一つで100万円は高すぎるのでは?」と感じ、遥は弁護士を尋ねます。

前回のマンガはこちら

● 自動車を傷つけた場合は損害賠償責任を負う

ドアの開閉で車に傷をつけてしまった場合、どのような費用を請求される可能性があるのでしょうか。

No image

西村裕一弁護士によると、損害額は、修理業者やレンタカー会社の見積書や領収書によって証明してもらうことになるそうです。

ただ、「どこまでの修理が妥当かどうか」、「修理代が妥当な額といえるかどうか」が問題となるケースは多いそう。

●保険会社と警察に連絡を

私の場合、ドア一式取替えで100万円も請求されてしまいました。これって妥当な金額なのでしょうか?

No image
No image

その後、私は保険会社に連絡し、男性から受け取った修理費の見積書をみてもらいました。修理工場とやりとりしてもらい、結局、傷は手のひらサイズでへこみはなかったため、10万円ほどとなりました。あまりの金額の落差に、正直驚きました…。

No image

金額が確定したあと、すぐに支払いを済ませました。歩夢はあの後しばらく落ち込んでいたのですが、「次から気をつけようね」と強く言い聞かせました。今回のことは、親子ともどもいい勉強になりました。

(弁護士ドットコムに寄せられた相談を元にしています)

【取材協力弁護士】
西村 裕一(にしむら・ゆういち)弁護士
福岡県内2カ所(福岡市博多区、北九州市小倉北区)にオフィスをもつ弁護士法人デイライト法律事務所の北九州オフィス所長弁護士。自転車事故も含め、年間100件以上の交通事故に関する依頼を受けており、交通事故問題を専門的に取り扱っている。
事務所名:弁護士法人デイライト法律事務所北九州オフィス
事務所URL:https://koutsujiko.daylight-kitakyushu.jp/

先輩の母親と「ママ活」したら、地獄が待っていた…もらった「250万円」は返すべき?

妻の「マルチ商法」で、家庭が崩壊するまで 「止めさせるのはほぼ不可能」夫がみた地獄

親友の夫とキスしたら、全てを親友に目撃され修羅場

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加