「信長様がフラれた!」染谷将太からの誘いを即断った長谷川博己に視聴者もびっくり/大河ドラマ「麒麟がくる」第27話

「信長様がフラれた!」染谷将太からの誘いを即断った長谷川博己に視聴者もびっくり/大河ドラマ「麒麟がくる」第27話

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/10/18
No image

『NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編』(著:池端俊策、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

2020年10月11日(日)に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」第27話。明智光秀(長谷川博己)が織田信長(染谷将太)からの誘いを即決で断り、「信長様がフラれた!」「恐れ知らずの光秀だな」と視聴者を驚かせたようだ。

足利義昭(滝藤賢一)につき従い、ともに上洛することを決意した信長。とはいえ京には三好勢が控えており、このまま向かえば戦は避けられない。そこで朝廷の意向と三好の兵力を探るため、信長は光秀に京への潜入を命じる。

その後、伊呂波太夫(尾野真千子)の協力もあり、光秀は三好と通じる堺の豪商・今井宗久(陣内孝則)との交渉に成功するものの、宗久から三好の手助けをしない見返りとして信長たちに鎧兜を外して上洛するよう求められてしまう。

光秀からの報告を受けた信長は、義昭の意向もあって宗久の提案を承認。すると光秀に「いま1つ大事なことがある」と語りかけ、「そなたは義昭様のおそばに仕えるのか、それとも儂の家臣となるか」と選択を迫った。しかし光秀は迷うこともなく「将軍(義昭)のおそばにまいります」と明言。信長はしばし目を泳がせつつも、「残念だが… わかった」と漏らす──。

信長の誘いを即決で断った光秀の対応に、ネット上では「信長様ちょっと傷ついてるやん」「歴史に残るタッグはまだ結成されないんですか!?」といった声が。またTwitterで話題の戦国キャラアカウントも、驚きを隠せないようす。

歴史を大きく動かすことになる光秀と信長。2人の関係に変化が訪れる日は、いつやってくるのだろうか。

ドラマ「麒麟がくる」
放送日:毎週日曜 20:00~
出演:長谷川博己、染谷将太、門脇麦、堺正章 ほか

「せっかくやる気出してたのに可哀想」長谷川博己に見限られたユースケ・サンタマリアに視聴者も同情/大河ドラマ「麒麟がくる」第26話

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加