井樫彩監督 福地桃子は「不思議な自分の世界を持っていらっしゃる方」

井樫彩監督 福地桃子は「不思議な自分の世界を持っていらっしゃる方」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

女優・福地桃子(24)、俳優・岡山天音(28)、井樫彩監督(26)が23日、都内で映画「あの娘は知らない」の初日舞台あいさつに登壇した。

同作で福地は、事故で両親を亡くし、海辺の町で旅館を営む中島奈々を演じた。そこへ町に行き着いた青年・藤井俊太郎(岡山)が訪れ、物語が展開していく。

昨年6月に静岡で行った撮影について、福地は「すごく空気がいいところで撮影できていたなって思います」と振り返った。

印象に残っているシーンについて問われると「脚本を読んだ時に、お風呂で顔を合わせていないけど、2人で話すシーンが自分の中ですごく好き」と話した。

岡山は「ゴミ捨て場のシーン。雨の中で2人でいるところは印象に残っていて。ずっとあのシーンが撮り終わるまであのままでいて、少しでも2人の気持ちを取りこぼさないように。とっても思い出深いシーン」と語った。

また脚本は、福地に当て書きされたものだという。

井樫氏は「福地さんに関しては、脚本を書く前からお会いさせていただいて。すごく不思議な自分の世界を持っていらっしゃる方」と指摘し「あまり周りに見せない部分などが出てきて。それが作品にも反映された」と手ごたえを口にした。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加