【陸上】“マイル侍対決”中島が自己新45秒72でV「ジュリアンさんに勝てた」実業団学生対抗

【陸上】“マイル侍対決”中島が自己新45秒72でV「ジュリアンさんに勝てた」実業団学生対抗

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

◇陸上・実業団学生対抗(2022年8月6日 レモンガススタジアム平塚)

No image

男子400メートルのレースを終えたウォルシュ(左)、中島

男子400メートル決勝では世界選手権1600リレー4位アンカーの中島佑気ジョセフ(20=東洋大)が45秒72の自己新、大会新記録で優勝した。同3走のウォルシュ・ジュリアン(25=富士通)は大会新の45秒76で2位。中島が得意の終盤のストレートでトップのウォルシュを抜いた。「自己ベストでジュリアンさんに勝てたので最低限の目標は達成できた。欲張りすぎはよくない」と満足げに話した。

20歳ながらアンカーの大役を務めた世界選手権後は練習拠点の川越に戻り、お祭りに参加してリフレッシュ。実家に帰ると「ボルト」にちなんでつけられた飼い猫「ボルたん」とたわむれ、癒やされたという。「今年中に学生記録を破り、44秒台の突入が野望。そうすれば来年の個人の出場、入賞やリレーでのメダルに近づく」と今後の目標を語り「ジュリアンさんとは今後も高め合い、世界選手権の決勝で一緒に走りたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加