ローラ、涙ながらに訴える パートナーからの暴力防止へ「自分を愛することはすごく大切」

ローラ、涙ながらに訴える パートナーからの暴力防止へ「自分を愛することはすごく大切」

  • MusicVoice
  • 更新日:2022/11/25
No image

ローラが25日、都内で行われた『イヴ・サンローラン・ボーテ ABUSE IS NOT LOVE 限定イベント』に出席した。

恋愛関係における親しいパートナーからの様々な「ABUSE(=暴力)」を防止するため、9つのサインの認知と啓発を広める活動の一環。イヴ・サンローラン・ボーテ ジャパン アンバサダーを務めるローラがゲスト出演し、自身の考えを述べた。

自身も「ABUSE」を受けた経験があるというローラ。過去を思い出して涙を流したことを打ち明けた。その「ABUSE」には<1>委縮させる<2>無視する<3>脅かす<4>操る<5>干渉する<6>侮辱する<7>嫉妬する<8>管理する<9>孤立させる―、という9つのサインがある。

なかでもローラは「嫉妬する」と「干渉する」が気になったという。「恋人でも結婚しても他人同士であるから、どこにいるか何をしているのか、言わなくても大丈夫だよという関係が大事」とし、更に嫉妬については「他の男性の素敵な所を話すと聞いていた男性の嫉妬が始まっちゃう。それは怖い」と明かした。

トークの最後には「(こうした活動を通して)知るきっかけになったら良いなと思いました。悩みが解決できたら」とし、更に声を詰まらせ「どんなことが起きても自分を愛することはすごく大切。たくさんの人が自分を愛することがもっとできたら」と強く訴えた。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加