バチッ!静電気痛すぎる(泣)「1,120円でも買って正解」「花粉もブロック」万能ガードスプレー

バチッ!静電気痛すぎる(泣)「1,120円でも買って正解」「花粉もブロック」万能ガードスプレー

  • ヨムーノ
  • 更新日:2022/11/25
No image

こんにちは、リビングートスタッフのりんです! 乾燥しまくって肌がカッサカサの砂漠になってしまいました。保湿クリームが手放せません。

寒い季節はブランケットをかぶったり、着込んだり、何かと衣類が擦れる時期でもありますよね。

そんな時に一番厄介なのが、静電気です。私は何も言ってなくても、周囲から「りんさん、すごく静電気持ってそう」って言われてしまうくらい、実際よく静電気でバチバチしています。

服がパチパチ言っているだけならまだしも、スカートやブランケットが体にまとわりついていたり、誰かとちょっと触れた時に「痛っ!」ってなるのは避けたいですよね。

今回はそんな冬によくあるパチパチ静電気を解消してくれるガードスプレーのご紹介です。

静電気の原因は?

No image

静電気は重ね着をした時の衣類の素材によって、発生しやすい・しにくいなどの差があります。

スカートが足にまとわりつく、ブランケットやアウターを脱ぎ着するたびにパチパチする、車の乗降時にバチッとするなど、静電気による不快現象も様々。マフラーの静電気で髪の毛が広がってしまうのも嫌ですよね。

スカートとタイツ、シャツとアウター(ブランケット、マフラーなど)、または車のシートと着ているものの組み合わせ……他にも、本人の肌が乾燥しているなども原因になるようです。

No image

こちらのスプレーは、綿やウール、麻、合成繊維などの衣類に使用できる静電気&花粉ガードスプレーです。静電気を帯電しにくくなるため、花粉やホコリも付着しにくくなります。

静電気でパチパチするのが気になる季節だけでなく、花粉シーズンにも嬉しいですよね!

1日1回の新習慣

No image

そんな静電気を防いで1日を快適に過ごすためのスプレーの使い方はとっても簡単。1日1回、お出かけ前にシュシュッとするだけ!

たとえば、今着ているシャツにシュッとしておけば、ちょっと寒くなってブランケットを羽織ったり、外に出る時にブランケットを置いて上着を着たり、脱ぎ着をする時の静電気が軽減されます。

No image

目安は1着6プッシュ。容器を軽く振ってから、衣類同士が擦れ合う場所に軽く湿る程度にスプレーします。絹やレーヨン、皮革製品などの水に弱いものには使えないのでご注意ください。

スプレー1本あたりは約62着分なので、シャツとスカートなど上下セットでスプレーした場合は毎日使って約1か月分ですね!

No image

スプレーノズルにはロック機能があるだけでなく、スプレーできる範囲を調節できるようになっています。三角マークの大きさが違って見た目にもわかりやすいですが、どちらを使ってもやや広範囲に噴霧されるので玄関など広い場所での使用をおすすめします。

デスクワークのお供にも

No image

実際私もシャツの上に羽織っていたブランケットとの間でパチパチしていたので、着ている服の背中や腕にシュシュッとスプレーしてみました。背面に2プッシュ、前面に2プッシュ、片腕1プッシュずつ。

ブランケット側にはスプレーせず、溜まっていた静電気を飛ばしてから羽織ったのですが、その後はパチパチすることなく仕事に集中できました!

同じく静電気を帯電していた方にも、服ではなくブランケットの内側に6プッシュしてみました。1日様子を見てみましたが朝プッシュして夕方まで不快感なく過ごせたので、外出時だけでなくデスクワークのお供にもぴったりです。

ただ、ブランケットにかけた方は帰宅時に上着を着てパチパチしたそうなので、内側に着ている一番衣擦れの多いものにスプレーするのが良さそうです。

まとめ

No image

乾燥しやすくて重ね着が増える冬場の静電気対策はもちろん、春や秋に増える花粉の対策にもぴったり!花粉対策の場合は外側の外気に触れる部分にもスプレーするのがおすすめです。

素材が問題なければ、セーターやニットはもちろん車のシートなどにも使えるので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

本当は教えたくない!【ふるさと納税】「買ってよかった」「あの家電も!?」隠れ名品10選

リビングート

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加