中畑清氏、DeNA・三浦監督就任の裏事情を明かす 5年前には「決定事項だった」

中畑清氏、DeNA・三浦監督就任の裏事情を明かす 5年前には「決定事項だった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

前DeNA監督の中畑清氏(66)が22日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」にリモート出演。DeNAの新監督に就任した三浦大輔監督(46)について、本当は自身が退任後の2016年に三浦監督が誕生するはずだったと明かした。

中畑氏は「私が監督やってるときから『私の次はもう大輔、お前だぞ』という会話をしてるんですよね。もう裏では決定事項だったんです」と告白。後任・三浦監督は既定路線だったそうで本人も納得していたという。それでも実現しなかった理由を「最終的に僕、もう1年やる可能性があったんですけど、辞退したんです。本人(三浦監督)がもう1年現役をやりたいと言うんで、それが実現しなかったんですよ」と説明した。

中畑氏は3日ほど前に三浦監督から「現場復帰することになりました」と電話をもらったというが、そうした経緯から「『復帰じゃないよ、遅いんだよバカヤロウ!』って。今じゃない、とっくにやってなきゃいけなかった」と叱責。しかし、三浦監督は2016年に現役引退後、19年に投手コーチ、今季から2軍監督を務めており、「でもよくよく考えたら例えばこの間にいい経験してますよね。監督になるための準備期間というか」と振り返って「期待してます、私は」とエールを送った。

No image

DeNA・三浦新監督

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加