J.Y. Park エッセイ『何のために生きるのか?』 NiziU旋風導く、核心を突く言葉

J.Y. Park エッセイ『何のために生きるのか?』 NiziU旋風導く、核心を突く言葉

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2021/02/24
No image

NiziUをはじめ、2PMやTWICEなど数多くの韓国系人気アーティストを生んだプロデューサー・J.Y.Parkさんのエッセイ『J.Y. Park エッセイ 何のために生きるのか?(原題:무엇을 위해 살죠?)』が早川書房より2月26(金)に刊行される。

【画像をもっと見る】

世界的プロデューサー、J.Y. Parkの原点が分かる珠玉の言葉が余すことなく詰め込まれた、「生きる力が湧いてくる一冊」となっている。

オーディション番組が2020年旋風を巻き起こした「NiziU」

2020年、日本に一大ムーブメントを巻き起こしたNiziU。

彼女たちは正式デビューして間もないにも関わらず、『第71回NHK紅白歌合戦』に史上最速で出場し、「第62回 日本レコード大賞」では特別賞を受賞。2020年度の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされるという快挙を成し遂げた。

彼女たちが人気を博したきっかけは、デビューに至るまでのオーディションにある。

「NiziU」のメンバーが選抜されたオーディション「Nizi Project Global Audition」は、2019年に韓国の最大手事務所のひとつ「JYP Entertainment」とソニー・ミュージックエンタテインメントが合同で開催。

その後、オーディションの模様は『Nizi Project』と題して、Hulu・YouTube・日本テレビ系『スッキリ』の特集コーナーなどで放送。

出場者たちがデビューを勝ちとるために努力を重ね、壁にぶつかりながらも成長していく姿が人気を博した。

相手を傷つけずに核心をつく、プロデューサー・J.Y. Parkの言葉

「NiziU」のオーディション番組が人気を博したもうひとつの理由が「J.Y. Parkさんの言葉」そのものにある。

番組中、J.Y. Parkさんは出場者ひとりひとりと向き合いながら、その可能性を引き出すためにフィードバックを投げかける。

相手を傷つけずに核心をつく。その伝え方を含め示唆に富んだ彼の言葉は、出場者と同世代の若者たちだけでなく親世代のビジネスパーソンたちからも注目を集めた。

『何のために生きるのか?』では、J.Y. Parkさんが世界最高峰のエンターテイナーとなるまでの経緯や、自身の楽曲、音楽プロデュース活動を通じて何を伝えようとしているのかが描かれるという。

J.Y. Parkさんコメント僕の人生は、本書を出す前と出した後とで分かれるでしょう。これまでの僕の人生がこの本を書くために与えられたものだとすれば、これからの僕の人生は、多くの方にこの本を読んでもらうために与えられたのだと思います。僕の過去、現在、未来を正直にすべて詰め込んだので、ぜひ読んでみてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加