LAGHEADS、J-POPのフィールドで勝負する理由 実力派ミュージシャン4人が集いバンドとして目指すもの

LAGHEADS、J-POPのフィールドで勝負する理由 実力派ミュージシャン4人が集いバンドとして目指すもの

  • Real Sound
  • 更新日:2023/01/25
No image

millennium paradeや中村佳穂ら新しい音楽を牽引するアーティストから、ベテラン、中堅のJ-POPアーティストまでレコーディング、ライブサポートの引く手数多な実力派ミュージシャンーー小川翔(Gt)、山本連(Ba)、宮川純(Key)、伊吹文裕(Dr)の4人が集まったバンド、LAGHEADS。1st EP『What is “LAGHEADS”?』から1年、この度2nd EP『Where is “LAGHEADS”?』をリリース。前作に参加したkiki vivi lilyとHIMIに加え、新たにマハラージャン、高木祥太(BREIMEN)、MELRAWが参加した。ライブ活動においても、ワンマンライブでの化学反応から、その先のゲストやバンド自体のコミュニティ化など、楽しみな展開がまだまだ待ち受けていそう。ぜひその作品やライブでのリアルな体験をしてほしいバンドである。

今回、リアルサウンドでは、メンバー全員にインタビューを実施。歌ものとインストのアプローチの違いや、サポートで活躍する彼らにとって自身のバンドが存在することの意味、また今後の展望まで、シーンの変遷を肌で知る彼らの興味深い視点に触れてほしい。(石角友香)

LAGHEADSは自然体でやっていても成り立つ

――まず、セッションプレイヤー、サポートミュージシャンとして活躍する4人がLAGHEADSを結成した経緯を教えてください。

小川翔(以下、小川):もともとソロアルバムをそれぞれ作ったりしたんですよ。それでみんなを呼び合うような形になって、僕のアルバムにも3人が参加している、(山本)連のアルバムにも3人が参加してる、伊吹(文裕)のアルバムにも3人が参加してる……みたいな。その流れで僕がお世話になっている楽器メーカーのセッション動画企画で、この4人それぞれの曲をセッションしてるライブ動画をやっていたら、「その4人いいから、バンドにしちゃいなよ」って、今のレーベルから声がかかったという流れですね。お互い知っていたし、仲もいいしっていう感じで始まりました。

――海外のコレクティブ、いわゆる固定メンバーではない音楽集団のイメージはありますか?

山本連(以下、山本):Snarky Puppyみたいな? そういうイメージはありました。その辺のバンドには影響を受けつつも、ちょっとずつ要素を取り入れてる感じです。

――最新のバンドからキャリアのあるアーティストのサポートもやるような多彩な活動の中でLAGHEADSはどういう場所ですか?

山本:LAGHEADSとして演奏をやる機会があまりないので、たまにしかリハもできないんですけど、集まった時には「居場所はここやわ!」ってなりますよね。

伊吹文裕(以下、伊吹):友達の家に集まって一緒にテレビゲームしてるぐらいのリラックス感で、すぐにコネクトする感じはありますね。僕はLAGHEADSのライブをここ2本ぐらいお休みしていたんですけど、昨日リハをしてただけで、もう何の違和感もないというか。

小川:確かに“おうち感”あるね。いろんな現場に行っていろんな人と演奏するんですけど、やっぱりこの4人でやると、なんかシックリくる感じはすごくあって。

宮川純(以下、宮川):それぞれがめちゃめちゃシンプルに気持ちよく演奏すればそれで成り立つみたいな、そういう音楽を作ろうとしていると思うんですね。各々やってることがシンプルだから、それをそのまま楽しくやれば絶対に良くなるっていうか、そのバランス感が4人のいいところじゃないですかね。

山本:他の現場では頑張らなきゃいけない瞬間みたいなところが演奏的に結構あったりするんですけど、このバンドは頑張らなくていい(笑)。自然体でやっていても成り立っちゃう感じがあるかもしれない。

自分達のカラーがメジャーの現場で必要とされてきてる

――サポートやレコーディングで引っ張りだこになったタイミングと近いと思うんですけど、皆さんの演奏が必要であると同時に、シーンとしてやりやすくなってきた実感はないですか?

宮川:どうなんだろう? でも同世代の、この4人の友達もめちゃめちゃ活躍するようになって。だんだん俺らの世代のプレイというか、自分達のカラーがメジャーの現場で必要とされてきてるんだなって実感はありますね。みんな本当にいろんな現場に行ってるから。

山本:純くん、キャリア長いですもんね。

宮川:10代からだから。俺はどちらかと言うとジャズから来たからね。自分の周りの人間がメジャーど真ん中でやってるのはめちゃめちゃ誇らしい。

小川:働き方はちょっと変わったと思います。個人的にはいい感じになってきてるなって感じがします。僕のスキルがどうのこうのっていうより、LAGHEADSをやっていることによっても、仕事の入り方とかもちょっと変わってきてることは体感してます。

――その、仕事がやりやすくなってきた感じについてもう少し詳しく聞かせてもらえますか?

小川:僕の人となりを知った上で呼んでもらえる現場が増えたのかなっていう印象ですね。今まではとにかく譜面を読めて、ある程度ギターが弾けて、いろんなジャンルを弾ける人っていう枠組みの中で呼ばれていたのが、ギタリスト小川翔として呼んでいただけるような場所も出てきたのかなって。

――確かに。サポートの域を超えて、メンバーと言っていいグループやアーティストの現場に呼ばれることも多いじゃないですか?

宮川:例えば中村佳穂ちゃんとかKing Gnuのみんなとか、そのサイドのプレイヤーも、音楽を大事にする人が10年前だったら、今みたいな売れ方をしたかどうかはわからないと思います。だからシーンが変わったっていうか、それをちゃんと聴いてくれるリスナーが増えたのもあるかな。翔くんが言ったみたいに「譜面通り弾ける人だったら誰でもいいよ」みたいな、既製品をなぞる作り方よりかはプレーヤーの力量によって成り立つような音楽を作る人が増えた。それで、そういう音楽を聴いてくれる人も増えて、シーンが変わったのが大きいです。ジャズミュージシャンはインプロ(即興)や作り上げることが得意だから、ジャズに片足を突っ込んだ俺のような人間が今のシーンに呼ばれるのはすごく自然な流れな気はしますね。

――確かに中村佳穂さんの存在は一つ象徴的で。

伊吹:サポートとして参加した昭和女子大学人見記念講堂のライブは、それこそもう佳穂がみんなのことを理解してるから、とりあえず全員呼んで、そこで化学反応を佳穂が起こして、本番は本人について行くみたいな感じだった。最初から何も決まってなかったんですよ。ただドラムを二人、コーラス二人を呼んでって感じだったから、確かに人となりで、という呼ばれ方になってきてるのかもしれないですね。

ジャズカテゴリーじゃなくてあくまでもJ-POPカテゴリーにしたかった

――そして去年の1月の1st EPに続いて、もう2nd EPがリリースされます。1st以上にゲストボーカリストが増えましたね。

山本:友達が増えました(笑)。

小川:さっきのSnarky Puppyとかの話じゃないですけど、何か核があってコミュニティが拡大していくみたいなイメージはあって。その延長線上に今回のアルバムもあるっていう感じですかね。自分たちが一緒にやりたいアーティストと一緒に音楽を作る。The Soulquariansじゃないですけど。

――1stの時はバンドのきっかけになったkiki vivi lilyさんとHIMIさんが参加していましたが、そもそもインストを作るときと歌ものを作るときに意識の違いとか、面白さの違いはあるんですか?

山本:ありますね。インストの方がちょっと捻るというか。

小川:基本的に僕と連でデモみたいな土台をある程度作るんですけど、その時にインストは割と連が最初にネタを持ってきてくれることが多くて。そこから膨らませるときに連が「ここからもうちょっと変な感じでやっていいっすか?」って(笑)。

山本:インストって歌がない分、ちょっと捻りが欲しくなる。

小川:1stを作った時も一緒で、LAGHEADSは基本歌がない音楽が背景にあるメンバーなんですけど、ジャズカテゴリーじゃなくてあくまでもJ-POPカテゴリーにしたいっていうのがあって。マニアックすぎるものにしたくないというか、僕らの持っている感じがもっとオープンになってほしい。それで歌も入れてますし、インストも普段インストとかジャズを聴かない人が聴いても楽しめるものにしたいというのはあるかもしれないですね。

山本:捻りっていうのも難解な感じにしたいとか、難しい感じにしたいわけじゃなくて、遊び心やちょっとクスッと笑えたりとか、そういう感じにはなってるかも。

宮川:決してテクをひけらかすための曲じゃないってことだよね? やっぱりジャズフュージョンとかさ、インストってそういう側面があるじゃん。

小川:そこを意識的に外す、「なんだこれ?」みたいなところに持っていこうとしてる感があります。例えば純くんに「ここ、アドリブソロで弾いてほしい」ってやってもらったら勝手にかっこよくなるのも決まってるんで。それ以外のディティールをもうちょっと遊び心というか、ちょっと聴いたことあるようなものが入ってたりとか、玄人の人もニヤッとできる要素とか、そういうのは常に意識してます。

伊吹:でもあんまり歌ものだから、インストだからっていうことを考えないメンバーだと僕は思ってて。どちらかに寄って、どちらかが好きっていうことがない。全員、両方を同じベクトルで見られてる人だと思う。

山本:演奏する上で?

伊吹:うん。それがインストをやっても歌ものをやっても成立してるところなのかなっていうのがあります。インストゥルメンタルの音楽にすごい特化してる人! というより、そこに境目がないのが僕はこの4人でやりたいって思った理由の一つかなって。

――J-POP要素に落とし込むというのはそっちの方が面白そうだからですか?

山本:やっぱり市場が大きいところに行きたかったんですよ。

小川:自分たちのソロアルバムを作ったんですけど、そういうのはある程度周りを見ていても、市場の大きさが想像できるのもあって。せっかくこの4人でやって、人にも協力してもらってやるんだったら、そこに収まらない感じにしたいっていうのは僕もすごくあったんで。だからこそ歌ものも入れて、J-POPカテゴリーで勝負したいな、絶対にそっちのほうがいいと思う、みたいな流れでしたね。

LAGHEADSを核にでっかいコミュニティみたいになるといい

――具体的に2nd EPの中身をお聞きします。さらにインストで遊んでいる感じが強くて、随所で笑わせていただきました。

山本:ああ、伝わりました?

――「Edward」はSteely Dan前夜というか、かつ『ブルース・ブラザーズ』のような、昔のアメリカのリズム・アンド・ブルース感が。

小川:はいはい。インストはまさにテイストがわかるのも大事だし、ある程度音楽を知っている人も、「お!」みたいに思ってもらえるものをすごく意識してて。例えば70’sっぽい音楽を僕らがやるとちょっと新しい感じに自然となるけど、もともとそういうジャンルが好きだし、意識が向きがちかもしれないです。

Edward

――今回さらにボーカリストが増えて、マハラージャンやBREIMENの高木祥太さんも参加。この二人に声を掛けたのは?

小川:祥太は昔から友達で。

山本:元から一緒にやりたいボーカリストのリストがなんとなくあって、その中にいたんです。

――今回この「ZOMBIE’S HIGH」を聴いた時、祥太さんの声が入ってくることで「うわ、BREIMENだ!」と思いました。これはどうやって作ったんですか?

山本:この曲はオケが先にできて、「誰に歌ってもらう?」ってなって。で、曲が明るすぎたから、明るいキャラの人を呼んじゃうと曲が明るすぎてどうなんだろう? みたいな話になって。祥太にはちょっと不良っぽい、悪そうな感じがあるから合体したらいいかもって。

伊吹:翔太はスモーキーだもんね。

ZOMBIE’S HIGH

――そしてマハラージャンさんは?

小川:マハラージャンは僕がずっとサポートをやっていて、レコーディングに呼んでもらったりして。

山本:彼は僕らみたいな周りのミュージシャンのことをめちゃめちゃ調べてて、興味あるんですよね。

宮川:最初に彼のレコーディングに誘われた時も、普通にインスタのDMが来ましたからね。でも俺も個人的に好きで聴いてたから「マハラージャンからDMが来た。なんじゃこりゃ?」みたいな感じでした(笑)。

――この「聴かないで、ゼッタイ」はマハラージャンさんに当て書きしたのか? っていうような曲ですが。

山本:先にマハラージャンに歌ってもらうって決まってから曲作ったんです。

小川:作る前に一回、「どんな曲にしようか」ってマハラージャンと打ち合わせして。

――このEPの中では浮いてますよね。

小川:浮いてますよね(笑)。僕も当初はもうちょっとおしゃれな感じにするつもりだったんですね。マハラージャン側でやってなさそうでこっち側でできることを探っていったら結果、ストレートな8ビートロックになったんですよ。だけど出来上がった曲を聴くとこれで良かったのかなと思ってますけどね。マハラージャン側でもできなさそうな感じでもあるし。

――マハラージャンさんのオリジナルにも「先に言って欲しかった」というロックナンバーがありますが、あの方向じゃないってことですね。

小川:あれはどっちかというと僕の中ではNIRVANAとか90年代で、僕らのやつはもうちょっと……80年代って感じかな? イメージとしては商業ロック。マイケル・ジャクソンの曲にVan Halenがいる、じゃないですけど、そんなイメージです(笑)。

聴かないで、ゼッタイ

――そして再び参加されているkiki vivi lilyさんとHIMIさんなんですけど、やっぱりこの二人は大事なボーカリストですか?

小川:そうですね。大事です。

宮川:もともとHIMIのファンでよく聴いてたけど、LAGHEADSで歌ってる時のHIMIがめちゃくちゃ好きだみたいなことを、何人かに言われたことあって。

小川:HIMI、基本的に英詞だったからね。僕らとやる時に初めて日本語詞を歌ったんじゃないかな? でも「日本語でやりたい」って話はしたもんね。

――今回の「またね」にもHIMIさんの人間性を感じました。

宮川:「だきしめたいよ」もそうじゃないですか。ワードはシンプルに削ぎ落とされてるけど完全に自分の世界になってる。あの若さで完成されてるので、とんでもなく恐ろしいことだなと思うんですよ。

――確かに。そして今回のボーカリスト以外のゲストとしては安藤康平(MELRAW)さんですね。

小川:安藤はもう腐れ縁みたいな感じで、みんな仲良しで僕は10年以上の付き合いになりますね。

宮川:一個すごく感謝しなきゃいけないのはkiki vivi lilyのバンドにこの4人を揃えたのは彼です。

小川:インストを作る時に管楽器の話は絶対出てくるし、やるなら安藤じゃない? って感じですかね。インストもSnarky Puppyの話じゃないですけど、拡大はしたいんですよね。自分たちがやりたい、リスペクトできる人たちの輪が広がって、LAGHEADSを核にでっかいコミュニティみたいになるといいなと思って。

山本:10人とか15人とかの大編成のライブもいつかできたらいいね、みたいな話をしてたり。

いつか、インストで世代を超えて共演できたら

――ちなみに誰とでも共演できるとしたら誰と共演したいですか?

小川:僕はインストだと、よく言ってるのはジョン・スコフィールドとやりたいなあって。

山本:渡辺貞夫さんみたいな大先輩とできたらいいですね。

小川:インストで世代を超えて一緒にやる、みたいなのはすごく夢あるなって。

宮川:だからVulfpeckみたいなスタイルの人たちがデイヴィッド・T・ウォーカーやジェームス・ギャドソンを(作品のゲストに)呼んだの、めちゃくちゃ自然なことだと思うし。憧れてた本物の人と一緒にやるって最高じゃん?

伊吹:やりたいし、観たい。

――一緒にやることによって、ベテランの演奏にもいい化学変化を起こせると?

宮川:というより、音楽自体がそういう、ルーツリスペクトでやってるものなんで。

――最後に、2nd EPのリリースライブはどんな感じになりそうですか?

小川:参加してるゲストは全員来ます!

山本:あと、まだちゃんとは決まってないんですけど、そのゲストの曲もやるかも、です。

■リリース情報

LAGHEADS『Where is “LAGHEADS”?』
2023年1月25日発売
01. Where is “LH”?
02. Drivin’ (feat. kiki vivi lily)
03. 聴かないで、ゼッタイ (feat. マハラージャン)
04. Edward
05. またね (feat. HIMI)
06. Mr. San Diego
07. ZOMBIE’S HIGH (feat. 高木祥太 from BREIMEN)
08. Playground (feat. MELRAW)

■ライブ情報

2023年3月24日
『RELEASE PARTY~聴きに来て、ゼッタイ~』
渋谷 CLUB QUATTRO
open 18:00  start 19:00
出演:LAGHEADS
ゲストアーティスト:マハラージャン / 高木祥太 from BREIMEN / kiki vivi lily / HIMI / MELRAW
前売り:4,800円 / 当日:5,500円
チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2240121
ローソンチケット
https://l-tike.com/concert/mevent/?mid=678551
イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/3767250001?P6=001&P1=0402&P59=1

石角友香

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加