日本代表 伊東が待望の先制ゴール セルビア代表から後半早々に得点

日本代表 伊東が待望の先制ゴール セルビア代表から後半早々に得点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/13
No image

後半、先制ゴールを決めイレブンと喜び合う伊東(中央)=撮影・吉澤敬太

「国際親善試合、日本-セルビア」(11日、ノエビアスタジアム神戸)

日本代表は後半2分、MF鎌田のコーナーキックを谷口が頭で合わせ、MF伊東純也が右足で合わせて先制した。

FW大迫勇也(ブレーメン)が左内転筋違和感のため途中離脱。MF古橋亨梧(神戸)がワントップに入り、相手ゴールに迫ったが、なかなか得点には結びつかず、前半を0-0で折り返した。

国際サッカー連盟(FIFA)ランクは日本が28位で、セルビアは25位。セルビア代表は、J1名古屋で指揮を執り、選手としても活躍した“ピクシー”こと、ドラガン・ストイコビッチ監督(56)が采配を振るった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加