工藤静香、追突事故で即「謝罪」の“SNS発信”に飛び交った憶測と不可解

工藤静香、追突事故で即「謝罪」の“SNS発信”に飛び交った憶測と不可解

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2020/11/20
No image

11月17日、木村拓哉の妻で歌手の工藤静香がインスタグラムを更新。その内容が物議を醸した。

工藤はインスタで常々、主に自身の料理やファンションを発信しているが、この時は少々趣が違った。同日の出来事として、「車で渋滞中。落としたお水に気を取られ、ブレーキから足を離してしまい、前の車にぶつけてしまいました」と、追突事故を起こしていたことを報告。「本当に申し訳ありませんでした」とし、さらに「私が迷惑をかけてしまったのに、車を当てられた側の方が、慌てふためいて謝罪する私に『僕も同じような事故をした事がありますよ』と、気遣ってくださいました」と説明。

事故による怪我人はいなかったとして、今回の件で気の緩みが人に迷惑をかけることを痛感したこと、当てられた側の人の対応に接し「私もどんな時でも思いやりを欠かさない人であり続けたい」と、「2つの大切なことに気づかされた」などと明かしている。

ただ、これにはネット上で《インスタでわざわざ報告する内容?》《なぜか美談になってる》と疑問の声が相次いでいるのだ。

「確かに芸能人が事故を起こした際、当日に即その詳細を即SNSで上げるというのは稀なこと。謝罪は現場で当人どうしの直接のやりとりで済んでいるわけですから、誰に向けて謝っているのかも謎で、相手側の都合もあることから発信自体に不可解さが残ります。結局このご時世、目撃者など他からSNSで発信される前に先手を打った焦りではないか、など、様々な憶測を呼んでいます」(芸能ライター)

いずれにせよ、文面に反して多くの人には何か不純さを感じる“アピール”として受け取られてしまったようだ。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加