大阪市上空で雨雲が急発達 非常に狭い範囲で土砂降りに

大阪市上空で雨雲が急発達 非常に狭い範囲で土砂降りに

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

2022/08/06 09:28 ウェザーニュース

大阪市上空で雨雲が急発達し、いきなり土砂降りの雨になっています。今日6日(土)は大気の状態が非常に不安定で、短時間で雨雲が発達しますので、空の変化から目が離せません。

大阪市に大雨警報

大阪市付近では8時30分頃から雨雲が発達し始め、わずか20~30分ほどで土砂降りの雨を降らせるほどになりました。雨雲の大きさは1km四方程度と非常に小さく、局地的な雨です。

大阪管区気象台のアメダスがこの雨を捉え、9時04分までの10分間で13.0mmの雨を観測。1時間換算すると70mm前後に当たる非常に激しい雨になりました。9時26分には大阪市と東大阪市を対象に大雨警報が発表されています。

雨の継続時間は短いものの、この後も断続的に雨雲が発生する可能性がありますので、空の変化には十分注意をしてください。

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加