突然...「電線から火花」通報相次ぐ 3日前の台風による「塩害」か

突然...「電線から火花」通報相次ぐ 3日前の台風による「塩害」か

  • BSSニュース
  • 更新日:2022/09/23

22日夜から23日にかけ、ある理由で消防車が出動する事態が山陰各地で相次ぎました。それは突然、電線などから火花が上がったという目撃情報。
島根県松江市から鳥取県西部にかけて、こうした通報による消防出動が21件ありましたが、なぜ同じタイミングで同じような被害が発生したのでしょうか。

【写真を見る】突然…「電線から火花」通報相次ぐ 3日前の台風による「塩害」か

23日朝、鳥取県米子市内の住宅街。

小崎純佳キャスター
「現在こちらでは、電線の張り替え作業が行われています」

作業員らが張り替えていたのは、電気を家に引き込むための電線です。
この場所では前日の夜、こんな出来事がありました。

木嶋雄大キャスター
「午後10時前です。消防車などが集まっているように見えます。何があったのでしょうか」

消防車など12台、消防団員なども70人以上が集まり、辺りは騒然としていました。
22日午後9時半ごろ、雨が降る中、家の引き込み線から火花が出ているのを近所の人が目撃したと言います。

目撃者は
「屋根のてっぺんの所からパチパチって火が出て、煙が上がっていました」

通報した人は
「2階の屋根のところから火花が出ていて、それで慌てて通報しました。それで電気系統に引火して、外の電線のケーブルがショートしてたって」

実は22日夜から、電線などから火花が上がるなどしたとする消防への通報が相次いでいるのです。

23日朝、島根県松江市内の住宅街。
民家に引き込まれている電線から煙が上がったと消防に通報がありました。
取材している時も、電線からは「バチッ」と音がし、煙が出ていました。

家の人は
「煙と火花が、ポンポンいいながら火花が出ます。今、市内であちこちであるそうですわ」

男性の言う通り、同様の通報が相次いでいました。

各消防によりますと、島根県松江市から鳥取県西部にかけて、22日夜から23日朝までに、こうした通報による出動が21件あったということです。

また22日午後9時過ぎには島根県安来市内で1000戸余りの停電も発生しました。

3日前の「台風」による「塩害」の可能性

何が起きているのか。専門家の見立ては…

松江工業高等専門学校 環境・建設工学科 大屋誠 教授
「塩害によって、電線の送電機能がショートしたという形。今回の台風の影響で塩分の付着によって、碍子がショートするということは可能性はあると思います」

台風による「塩害」。米子市の現場でも…

作業にあたった人は
「やっぱり台風の影響で、塩害か何かで、そこにやっぱり雨とか当たってショートしたっていう」

電線から火花。メカニズムは、こう考えられます。

台風14号がもたらした暴風などによって引き込み線に傷がつき、そこに潮風に含まれる塩分が付着。
さらに、雨によって電気を通しやすい状態になり、火花が発生する場合があるといいます。

気象予報士は、今回の現象について…

石川博康 気象予報士
「塩水を含んだ北風が吹き付けたとみられます。台風14号が山陰を通過した後、19日夜から翌日にかけては強い北風になりました。また、島根県浜田市などではまだあまり雨が降っていませんでしたから、この後の雨でこうした被害が発生する可能性があります」

この後もこうした現象は断続的に発生する可能性があるということで、注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加