櫻坂46山崎天&日向亘「USJ」で恋愛模様描く YOASOBI新曲「ユニ春」テーマソング初解禁

櫻坂46山崎天&日向亘「USJ」で恋愛模様描く YOASOBI新曲「ユニ春」テーマソング初解禁

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/26

【モデルプレス=2023/01/26】櫻坂46の山崎天(※「崎」は正式には「たつさき」)と俳優の日向亘が出演するユニバーサル・スタジオ・ジャパンの期間限定キャンペーン『ユニ春』の新CMが26日より公開。テーマソングである音楽ユニット・YOASOBIの新曲も初解禁された。

No image

(写真 : 山崎天&日向亘ら(提供写真))

【写真】山崎天、過去の貯金額初告白でスタジオ騒然

◆「ユニ春」テーマソング&タイトル決定

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、2月1日から4月6日にかけて期間限定キャンペーン『ユニ春』を開催する。今回解禁されたのテーマソングは、昨年一般公募した“パークでの学生時代の忘れられない思い出”をもとにYOASOBIが書き下ろし完成させた新曲。思い出作りにも様々な制限がかかり思い切りはしゃぐ機会が少なかった学生たちが、パークでのありえない刺激的な体験を通して“絶対に忘れられない春の思い出作り”に興奮する姿をイメージしたCMとなっている。

さらに『ユニ春』テーマソングのタイトルは『アドベンチャー』に決定。ワクワクするようなメロディと歌詞で、パークでの思い出を持っている誰もが、この曲を聴けばまぶしい当時の思い出を甦らせるような春にぴったりの楽曲になっている。なお『アドベンチャー』の原作エピソード、および受賞者については後日発表の予定だ。

◆山崎天&日向亘、恋愛模様のストーリー描く

CMには『ユニ春!ライブ 2023』にも出演が決定している女性アイドルグループ櫻坂46のメンバーで雑誌の専属モデルとしても活躍中の山崎と、ドラマなどで活躍する人気若手俳優の日向が出演。友人たちと感動・興奮しながらパークを全力で楽しむ姿を描く。またテレビCMでは描ききれない山崎と日向の恋愛模様のストーリーを、4話にわたってユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式WEBサイトや公式Twitter、公式YouTubeチャンネルで公開。YOASOBIの楽曲『アドベンチャー』に乗せて、誰もが共感できる青春動画となっている。なお、CM動画は26日8時より公開を予定している。

さらに2月1日よりYOASOBIの楽曲『アドベンチャー』がハリウッド・ドリーム・ザ・ライドに搭載することも決定。ライド特有の開放感と爽快感に楽曲の心地よいメロディーが合わさって、パークでしか体験できない爽快な“冒険”の旅を味わえる。

◆山崎天&日向亘、CM撮影を振り返る

新CMに出演する山崎は「地元大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、小さいころからよく遊びに行っていた思い出の場所でもあります。その思い出のある場所で、今回CM撮影をさせて頂いたことがとても嬉しいです」と告白。「学生になってからは、なかなかユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行けていなかったので、制服を着て友達と遊びに行くことが憧れでした。今は思い出作りにもさまざまな制限がかかり、思いっきりはしゃぐことが難しかった学生の皆さんに、この春はユニバーサル・スタジオ・ジャパンで絶対に忘れられない、最高の思い出を作ってほしいです」と呼びかけた。

また、日向は「学生という二度とない貴重で自由な時間。思い出作りにも様々な制限があったと思いますが、“学生”という最強の特権で、最大限に青春を謳歌して欲しいです!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで「絶対に忘れられない春の思い出」を作ってください!NO LIMIT!!」とコメントを寄せた。

◆YOASOBI、楽曲への思い明かす

Ayaseは、エピソードの決め手について「非常に日常的で、思い描いていた理想の生活ができない中で、ようやく念願叶ってUSJに行くことができて。その中で友だちといろんな思い出を作って、次はいつ行けるかな?という、すごくストレートなUSJへの愛を感じ、僕らも非常に共感できるエピソードでした。青春を取り戻しに行きたいエモーショナルな気持ちが実直に綴られていて、なんだか無性にグッときました」とコメント。

ikuraは「最初に音源をもらった時に、メロディのワクワク感が第一印象にすごく残っていて、パークに足を踏み入れた時の、開ける感じを乗せられたらと思って歌いました。この曲を聴いてワクワクしてもらいたいし、最高の思い出も作ってもらいたいし、最後の合唱のところはスタッフとはしゃぎながら録ったので、“青春”というものをすごく作り出せたのではないかと思っています」と歌唱時に込めた思いを明かした。(modelpress編集部)

◆YOASOBI「アドベンチャー」完成 スペシャルメッセージ

― 今回、選ばれたエピソードの決め手、そのエピソードのどこに共感されたか教えてください。

Ayase:非常に日常的で、思い描いていた理想の生活ができない中で、ようやく念願叶ってUSJに行くことができて。その中で友だちといろんな思い出を作って、次はいつ行けるかな?という、すごくストレートなUSJへの愛を感じ、僕らも非常に共感できるエピソードでした。青春を取り戻しに行きたいエモーショナルな気持ちが実直に綴られていて、なんだか無性にグッときました。

― 「アドベンチャー」の歌詞に込めた想いなど教えてください。

Ayase:一度USJに行ってそこから制作を進めてある程度完成したのですが、その後にもう一度ちゃんとUSJを一から全部楽しみたいと思いプライベートで行きました。歌詞もある程度固まっていましたが、やっぱり行くと、どういう部分に自分が感動したとか、どういうところにUSJの楽しさがあるのか、写真や映像ではわからないことが沢山ありました。原作エピソードの想いを汲みつつ、実際に行ってUSJで感動したポイントもふんだんに盛り込んだ歌詞になっていて、すごくリアルな感じになっていると思います。その辺りもぜひ注目して楽曲をお楽しみください!

― どういう気持ちを込めて歌われましたか?

ikura:最初に音源をもらった時に、メロディのワクワク感が第一印象にすごく残っていて、パークに足を踏み入れた時の、開ける感じを乗せられたらと思って歌いました。この曲を聴いてワクワクしてもらいたいし、最高の思い出も作ってもらいたいし、最後の合唱のところはスタッフとはしゃぎながら録ったので、“青春”というものをすごく作り出せたのではないかと思っています。曲を聴いて皆さんにも感じてもらえたらなと思います。

― 『アドベンチャー』の由来を教えてください。

Ayase:一番テーマとして自分の中にドンときたのが“冒険”でした。日常の中から非日常に冒険できるけれど、すぐ隣にあって。いつでも冒険の旅に出られるような感覚がすごくいいと思って『アドベンチャー』という曲名にしました。

― 3月の『ユニ春!ライブ 2023』で初披露となりますが、この楽曲を楽しみにしているゲストの皆さまへメッセージをお願いいたします。

ikura:私たちもまさかユニバーサル・スタジオ・ジャパンでライブができる日が来るなんて思っていなかったので、本当に本当に楽しみにしています!最高の1日を一緒に作りましょう!楽しみにしていてください!

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加