NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
暑さは続くも夏空安定しない8月 ゲリラ豪雨や台風の動向に注意

暑さは続くも夏空安定しない8月 ゲリラ豪雨や台風の動向に注意

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/07/22
No image

2021/07/22 14:54 ウェザーニュース

気象庁は今日22日(木)、7月24日から8月23日までの1か月予報を発表しました。8月にかけては日本列島に暖かな空気が流れ込みやすく、全国的に気温の高い状態が続く見込みです。

ただ、太平洋高気圧の勢力はそれほど強まらず、日本付近には湿った空気が流れ込みやすくなります。台風が発生した場合は影響することもありますので、油断の出来ない夏です。

各地で夏本番の暑さが到来

No image

この先1か月の気温予想

梅雨明け以降、厳しい暑さが続いています。7月の終わりから8月にかけては太平洋高気圧が北日本を中心に覆う見込みです。上空の高い所を覆うチベット高気圧は日本付近への張り出しは弱いと予想されます。

太平洋高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込むため、1か月の平均気温は広い範囲で平年よりも高い予想です。特に本州の日本海側や北日本は7月終わり頃からの気温が平年を大きく上回る可能性が高いとして、高温に関する早期天候情報が発表されました。

体温を大きく上回るような極端な高温にならなくても、蒸し暑い日が多くなりますので、熱中症対策が欠かせない日は続きます。

ゲリラ豪雨や台風の動向に注意

No image

この先1か月の降水量予想

日本のはるか南の海上では対流活動が活発で、台風が発生しやすい環境です。太平洋高気圧の張り出しが弱まるタイミングで台風が発生すると、日本に近づきやすくなります。また、高気圧の縁を回って流れ込む湿った空気の影響でゲリラ豪雨が発生しやすくなる見込みです。

1か月の降水量は九州南部や東海、関東甲信、東北太平洋側などで平年並みか多い予想となっています。一方で北日本の日本海側は平年並みか少なくなる見込みです。

太平洋側を中心に雨量が多くなる可能性がありますので、局地的な激しい雨や大雨に注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加