【ロッテ】角中勝也1号3ラン 20日の鳥襲来「行ったら面白いかなと」バットは自己防衛用

【ロッテ】角中勝也1号3ラン 20日の鳥襲来「行ったら面白いかなと」バットは自己防衛用

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/22
No image

オリックス対ロッテ 6回表ロッテ2死二、三塁、角中は右中間越え3点本塁打を放つ(撮影・上山淳一)

<ロッテ13-5オリックス>◇22日◇京セラドーム大阪

ロッテ角中勝也外野手(35)が今季1号3ランと2二塁打で、もう負けられないチームに勢いをトリ戻した。

20日のオリックス戦(ZOZOマリン)では試合中に鳥の群れがグラウンドに襲来し、試合が中断。しびれを切らしたか、バットを持った角中が追い払いに行くひと幕が話題になった。

鳥を追い払うために、場内の照明の多くが落とされ、観客にもスマートフォンのライトを落としてほしい旨の協力アナウンスも流れた。そんな中での舞台裏を角中が回想する。

「ベンチ裏で見ていて、二塁後ろにいるのは分かっていたので。行ったら面白いかなと。裏で佐々木朗希と二木と何人かでいて、朗希がいきなり『これ、明るくなった瞬間に何人か守備ついてたらめちゃくちゃ面白いですね』って言って。そういう面白いことしたろかな、と思って」

バットを持って行った理由は「最悪、襲われたら」と自己防衛用だったと代表取材に明かした。

ベテランも初めてだったという、本拠地への鳥の襲来。「さすがにあの状況で行ってびびってたら恥ずかしいけど。内心、ちょっとオレんとこ来んなよと思ってましたけど」。鳥がもたした効果については「いや、ないでしょ」と笑いながら「普段連絡来ない人から連絡来ました」。3安打のヒーローは、犬がデザインされたシャツに着替え、笑っていた。【金子真仁】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加