新井恵理那、音楽レーベル設立の霜降り・粗品をバッサリ 「笑いないですよね?」

新井恵理那、音楽レーベル設立の霜降り・粗品をバッサリ 「笑いないですよね?」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/22
No image

21日放送『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)で、音楽レーベルを設立した霜降り明星・粗品にフリーアナウンサー・新井恵理那が辛辣な本音を漏らし、話題となっている。

◼音楽に真面目なこがけん

この日は、漫才の祭典『M‐1グランプリ2020』で準優勝に輝き、一躍人気者となった「おいでやすこが」が登場。ピン芸人のおいでやす小田とこがけんが組んだ異色のユニットだけに関係性は希薄、互いに不満を抱えていると明かされていく。

こがけんと親交のある後輩芸人が「歌に本気すぎる」と告白。歌ネタを得意とするこがけんは、アカペラを披露する『ハモネプ』のような音楽をやりたくなったためTwitterでメンバーを募集、スタッフから「企画にしましょう」と誘われたのだが「ガチだから笑いにしたくない」と断ったと暴露される。

関連記事:新井恵理那、聖夜の予定を告白 「霜降り・せいやとクリスマスパーティー」

◼soshinaの話題に…

「『ハモネプ』に関してはクオリティーが高いものを追求したかった」と熱弁するこがけんに、爆笑問題・太田光は「なんで?」と真っ直ぐな目で質問。

こがけんは困惑しつつ、粗品を指して「(粗品なら)わかると思います。自分のレーベルを立ち上げた。そこに笑いを入れていない」と反論する。

粗品の音楽レーベル「soshina」について新井も「アーティスト写真観ました」と追従。「音楽好きなんで」とレーベルの話になり嬉しそうな表情を浮かべた粗品に、新井は「スゴい世界観。絶対、笑いイチもないですよね? カッコいいだけの写真」と切り捨てた。

◼太田も正論

称賛されると待ち構えた粗品は、新井のまさかの答えに「あれはええやろ。レーベルを立ち上げた写真ですから…」と苦笑。こがけんは我が意を得たりと「(ガチで音楽に向き合う気持ちを)わかるはずなんですよ」と自身が笑いなしで音楽をやりたい気持ちを正当化しようとする。

これに太田は「霜降りは、もうお笑いとして1個確立している。そういう人がマジで歌をやるっていうのはアリだけどお前はあの時点でまだ売れていない。(スタッフからの誘いを)断る手はないよね」と正論で説き伏せた。

◼視聴者の感想は…

ぐうの音も出ない正論に言葉を失ったこがけん。一連のやり取りを視聴者も満喫したが、特に粗品に飛び火した新井の苦言に大きな反響が起きている。

「太田光にだけ注意してると突然新井恵理那が横から刺してくるの恐怖しかないな」「新井ちゃんがニコニコしながら急所をバッサリ斬りつけてくるの、伯山カレンの滝沢カレンの攻撃力に並ぶな」「新井さん今日、猛毒やなぁ」「新井さんにナチュラルにバカにされるsoshina」と多くの感想が寄せられていた。

・合わせて読みたい→霜降り明星・せいや、新井恵理那とのガチ交際に手応え イブパーティーの約束は…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加