岐阜県内はこの冬一番の寒気 路面の凍結などに注意

岐阜県内はこの冬一番の寒気 路面の凍結などに注意

  • ぎふチャン
  • 更新日:2023/01/25
No image

高山市内の様子=24日、高山市

24日から25日にかけてこの冬一番の寒気が流れ込み飛騨地方を中心に雪が降り積雪を記録し、25日も飛騨北部では大雪のおそれがあります。

岐阜地方気象台は路面の凍結や雪崩、水道管の凍結に注意するよう呼び掛けています。

岐阜県内は上空約1500メートルに氷点下15度以下のこの冬一番となる強い寒気が流れ込みました。

午前10時現在の各地の積雪は、白川村で76cm、飛騨市河合で67cm、飛騨市神岡で48cm、高山市で21cm、郡上市長滝で19cmなどとなっています。

25日午前6時から26日午前6時までの24時間降雪量は、美濃・飛騨の山間部で40cm、美濃地方の平野部で25cm、飛騨地方の平野部で20cmとなっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加