相葉雅紀、『VS嵐』後枠で新番組『VS魂』新MC「皆さんに楽しんで頂けるように精一杯全力で」

相葉雅紀、『VS嵐』後枠で新番組『VS魂』新MC「皆さんに楽しんで頂けるように精一杯全力で」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/10/17
No image

嵐・相葉雅紀による新バラエティー番組『VS魂』が来年1月からスタート

人気グループ・嵐の相葉雅紀が現在、嵐5人で同じ時間帯に放送しているフジテレビ系バラエティー『VS嵐』(毎週木曜 後7:00)の年内終了に伴い、来年1月から新番組『VS魂』(毎週木曜 後7:00)に出演することがわかった。どんな出演者も笑顔でゲーム対決を楽しめるという『VS嵐』の番組コンセプトはそのままに、個性豊かな新メンバーとともに毎回ゲストを迎えて対決するゲームバラエティーを送る。

【写真】大野智作品展より…初お披露目となる巨大細密画

『VS嵐』は2008年4月12日より毎週土曜のお昼に放送開始。2009年10月から、現在の放送時間に移動し10月15日時点まで放送466回、平均視聴率では6.8%(個人)、11.4%(世帯)を記録(いずれでも関東地区、ビデオリサーチ社調べ)。時代が変わっても誰もが楽しんでもらえる番組にしたい、という番組の思いから、「キッキングスナイパー」や「クリフクライム」、「ボンバーストライカー」をはじめ、これまで50を超えるゲームを開発してきた。

数々の俳優、お笑いタレント、文化人、スポーツ選手たちや、TOKIOにV6、関ジャニ∞といった同じジャニーズ事務所所属のグループ、さらにはトミー・リー・ジョーンズやウィル・スミス、トム・クルーズ、キャメロン・ディアス、クリスティアーノ・ロナウドといった海外のスターたちまでもがゲストとして登場し、さまざまな白熱対決を繰り広げてきたが、約12年の歴史に幕を下ろすこととなった。

現在、地上波放送のレギュラー番組としては、『VS嵐』が唯一のゲームバラエティー。『VS魂』ではその意志を受け継ぎつつも“『VS魂』ならでは”となる新しいテイストを加えて、これまでと同じように幅広い世代の視聴者の方が、これまでよりもっと笑顔で楽しめるゲームバラエティーを、人を笑顔にすることにかけては日本で右に出る者はいない相葉とともに目指していく。

相葉は「嵐にとって大事な番組枠を、ぼく1人で続けさせていただくことにとてもプレッシャーを感じてはいますが、新番組も、皆さんに楽しんで頂けるように精一杯全力で頑張らせていただきます」と意気込み。新メンバーは年明け初回に発表される。

なお、現在日本テレビ系で放送されている嵐の冠バラエティー『嵐にしやがれ』(毎週土曜 後10:00)も年内で終了。このほど、櫻井翔がMCを務める『1億3000万人のSHOWチャンネル』が来年1月よりスタートすることも発表された。

■出演者・スタッフコメント

相葉雅紀
嵐5人で12年間という長い期間『VS嵐』を続けさせて頂いて感謝しています。見てくださっていた皆さま本当にありがとうございました。嵐にとって大事な番組枠を、ぼく1人で続けさせていただくことにとてもプレッシャーを感じてはいますが、新番組も、皆さんに楽しんで頂けるように精一杯全力で頑張らせていただきます。よろしくお願い致します。

企画・総合演出: 萬匠祐基(フジテレビ第二制作室)
12年半、ともに番組を築いてきた相葉さんと、新たなスタートを迎えると言うことで、とてもワクワクしております。対決、比較、挑戦…。“VS”という言葉の無限のカタチにチャレンジします。新メンバーは年明け初回の放送で発表します! 年内はスペシャル企画目白押しの嵐5人の『VS嵐』を最後の最後までお楽しみください!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加