【天皇賞】ワールドプレミア、好仕上がり 陣営「心身ともに充実」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02

「天皇賞(春)・G1」(2日、阪神)

19年菊花賞馬ワールドプレミアは1日、栗東CWで最終調整。大江助手は「ここまで順調に来られたのは初めてくらい。心身ともに充実しています」と仕上がりに胸を張る。

阪神の三二コースに関しても「長くいい脚を使えるし、操縦性も良くなっている」と自信ありげだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加