オリックス、若手躍動で逆転 紅林チャンスメイクのあと太田が適時打三塁打

オリックス、若手躍動で逆転 紅林チャンスメイクのあと太田が適時打三塁打

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/11/25
No image

オリックス・太田椋

◆ 代打・モヤも続き貴重な4点目!

ヤクルトの3勝1敗で迎えた「SMBC日本シリーズ2021」第5戦(東京ドーム)。崖っぷちのオリックスは同点で迎えた7回、このシリーズ初スタメンの太田椋内野手(20)の適時三塁打で逆転に成功した。

オリックスは1-2と1点を追う6回、5番・T-岡田の右前適時打で同点。7回は先頭の6番・紅林の左前打、続く伏見の犠打で一死二塁の好機を作り、8番・太田が右中間突破の適時三塁打を放ち3-2逆転した。

さらに一死三塁と好機は続き、代打・モヤが右前にポトリと落ちる適時打を放ち4点目。崖っぷちに立たされた一戦で、3年目・太田、2年目・紅林と、期待の若手が輝きを放っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加