学級閉鎖相次ぐ...広島市でインフル「注意報レベル」超える 25日

学級閉鎖相次ぐ...広島市でインフル「注意報レベル」超える 25日

  • 広島ホームテレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

広島市は25日インフルエンザの患者報告数が注意報レベルを超えたと発表しました。

広島市によりますと22日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は定点となる1医療機関あたり13・95人と、注意報レベルの基準である「10人」を上回りました。

この期間に広島市内の学校では13件の学級閉鎖が報告されていて、
今後、流行がさらに拡大する可能性があるということです。

市は引き続き感染予防策を徹底するよう呼びかけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加