慶大、下位打線が機能し初戦突破 和歌山大を振り切る/全日本大学選手権

慶大、下位打線が機能し初戦突破 和歌山大を振り切る/全日本大学選手権

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09
No image

先制適時二塁打を放つ慶応大・朝日晴人=神宮球場(撮影・土谷創造)

全日本大学選手権第3日(慶大4―2和歌山大、9日、神宮)3年ぶり12度目の出場の慶大は粘る和歌山大を振り切り、初戦突破した。

三回に9番・朝日の左翼フェンス直撃の適時二塁打で先制したが、その裏にすぐさま追いつかれた。試合が動いたのは七回。8番・新美の左越え二塁打で均衡を破ると、この回3点を奪った。八回に1点を返されたが反撃を抑え逃げ切った。久しぶりの先発起用で七回に貴重な一打を放った新美は「準備はできていました」と力強かった。堀井監督も「今日の試合は下位打線に助けられた」とたたえた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加