元女子プロレスラーの花月が性転換手術を受けていたことを告白 「僕はいま14歳の男の子」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

スターダム在籍時代の花月(東スポWeb)

元女子プロレスラーの花月(29)が、昨年に性転換手術を受け「石野結(いしの・ゆう)」と改名したことを自身のユーチューブチャンネルで発表した。

花月は中学校卒業後の2008年にセンダイガールズプロレスリングに入団し、同年8月にデビュー。14年に退団しフリーランスとなると、17年11月にスターダムに入団した。20年2月に大阪で開催した自主興行で現役を引退している。

13日に自身のユーチューブチャンネルを開設した花月は1本目に投稿した動画で衝撃告白。「突然ですが私から皆さんに報告があります。昨年、性転換手術をしまして、男の子になりました。今は男性として生きております」と明かすと、マスクを外し髭の生えた顔を公開した。

花月は今後「石野結」の名前で男性として生きていくという。「今まで僕が女性として歩んできた人生は決して偽りでなかったし、楽しくプロレスラーとしても戦ってきたと思ってるんですが、心のどこかに違和感があった」と振り返ると「僕はいま14歳の男の子ていう感じに思っていただければと思います」と心境を明かした。今後の抱負については「悩むこと、落ち込むこと、間違うこともたくさんあると思うんですけど、いろいろなことにチャレンジすることが楽しみです。これから経験をもとに、自分と同じ悩みを持つ人の手助けになることを積極的にやっていきたいと思います」。性転換手術に至った経緯や詳細、当時の心境などは今後の動画で説明を行っていくという。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加