渋野日向子、6打差20位に後退 大王製紙エリエールレディス第2日/国内女子

渋野日向子、6打差20位に後退 大王製紙エリエールレディス第2日/国内女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/20

大王製紙エリエールレディス第2日(20日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)首位に3打差の3アンダー4位から出た渋野日向子(22)=サントリー=は2バーディー、4ボギーの73で回り、スコアを2つ落として通算1アンダー、首位と6打差の20位タイに後退した。笹生優花(19)=ICTSIと西村優菜(20)=フリー=が通算7アンダーで首位に並んだ。

連覇を目指す渋野は濃霧による中断で1時間以上遅れてスタート。前半2番でボギーをたたくと、8番もボギーとし、スコアを2つ落として折り返した。後半12番ではこの日初めてのバーディーを奪ったが、直後13番、14番と連続ボギーをたたく苦しい展開。それでも17番で再びバーディーを奪い、通算1アンダーでこの日の競技を終えた。

渋野日向子 第2ラウンド

HOLE

OUT

PAR

4

4

3

4

4

4

4

3

5

35

STROKES

37

渋野日向子 第2ラウンド

10

11

12

13

14

15

16

17

18

IN

4

5

3

4

4

4

3

5

4

36

36

★:アルバトロス ◎:イーグル ○:バーディー -:パー △:ボギー □:ダブルボギー ■:トリプルボギー

No image

6H ラウンドする渋野日向子=エリエールゴルフクラブ松山(撮影・中島信生)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加