YouTube動画の無音部分をスキップ再生する方法

YouTube動画の無音部分をスキップ再生する方法

  • ラジオライフ.com
  • 更新日:2021/09/15

ブラウザの拡張機能には、YouTubeを自分好みにカスタマイズできるものがたくさん用意されています。例えば、イコライザーでYouTubeのサウンドを聞きやすい音に調整できたり、音の小さい動画を無理やり大音量化したりできます。動画の無音部をスキップして動画視聴を効率化させることも可能。いずれもChromeウェブストアで入手できます。

【関連記事】テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?

No image

音が小さいYouTube動画の音量引き上げ

拡張機能「TheBeat Graphical AudioEQualizer」は、Chrome上で再生される音を調整できる拡張機能です。YouTubeの音質にも効果があるため、ミュージックビデオなどを自分好みの音質で楽しむのに重宝します。プリセットも豊富に用意されており、簡単に設定できるのもうれしいポイントです。

アイコンをクリックするとイコライザーが表示されるので、自分好みに調整。イコライザーが不慣れなら、プリセットを選択するのも手でしょう。DanceやLiveなどがあり、ちょうど良いバランスにセットできます。

「動画の音が小さくて聞き取りにくい」という時に、役立つ拡張機能が「Volume Master」です。音量を最大600%まで強引に引き上げられるため、音が極端に小さい動画もそれなりに見られるようになるハズ。内蔵スピーカーの音が小さいノートPCでの視聴もバッチリです。

YouTubeの音が小さい部分のみ倍速再生

「Volume Master」のスライダーを移動するだけで、動画のボリュームを限界を超えて上げることが可能。音が小さいYouTube動画に遭遇したら試してみたい拡張機能でしょう。

限られた時間で多くの動画を視聴するのに倍速再生は便利ですが、声質によっては聞き取りにくいこともあります。ならば拡張機能「Skip Silence」で無音部分や音が小さいシーンのみ倍速再生するように設定するのが効率的です。

「Silence Speed」に無音時の再生速度を設定。最大10倍まで選べますが、3倍程度が適当です。会話などの音が大きいシーンは等倍再生されるので、音声の聞き取りにくさのストレスを感じることがなくなるでしょう。(文/中谷仁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加