飛び込みW杯、荒井板橋組が7位で決勝進出 五輪へ前進

飛び込みW杯、荒井板橋組が7位で決勝進出 五輪へ前進

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

女子シンクロ高飛び込み予選1本目 荒井祭里(左)、板橋美波組の演技(撮影・堀内翔)

「飛び込み・W杯」(2日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪最終予選を兼ねて女子シンクロ高飛び込み予選が行われ、個人で東京五輪代表の荒井祭里(JSS宝塚)が、板橋美波(JSS宝塚)とのペアで、280・38点で7位となり、午後の決勝に進出した。

大きなミスこそなかったが、小さなミスが重なり得点を伸ばせず。「300点以上を目標としていたので、決勝ではミスを改善して300点を超えられるようにしたい」と板橋が言えば、荒井も「280点は低い方。300点以上取れるように修正したい」と続く。決勝では「メダルを取れるように頑張りたい」(板橋)と掲げた。

東京五輪代表選考は、今大会の結果を受けて、日本水連が5月中にも判断する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加