青山/柴原 全豪2年連続4強

青山/柴原 全豪2年連続4強

  • tennis365
  • 更新日:2023/01/25
No image

青山修子、柴原瑛菜 : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日に女子ダブルス準々決勝が行われ、第10シードの青山修子/柴原瑛菜組がC・ドールハイド(アメリカ)/A・カリンスカヤ組を6-3, 6-3で破り、2年連続2度目のベスト4進出を決めた。

>>青山/柴原 全豪OP準決勝1ポイント速報<<

>>ジョコビッチvsルブレフ 1ポイント速報<<

ツアー通算8勝を誇るダブルス世界ランク23位の柴原と同25位の青山のペア。全豪オープンでは2021年にベスト8、昨年は初のベスト4進出を果たしている。今大会では1回戦でM・リネッタ(ポーランド)/ワン・シユ(中国)組、2回戦ではN・キチェノック(ウクライナ)/ K・ジマーマン(ベルギー)組、3回戦でA・パブリュチェンコワ/E・ルバキナ(カザフスタン)組を下し、3年連続のベスト8進出を決めた。

この試合、青山/柴原組は第3ゲームで青山のサービスゲームをブレークされるも直後の第4ゲームでブレークバックに成功。リズムを掴んだ青山/柴原組は4ゲームを連取。1ブレークアップで第1セットを先取する。

第2セット、青山/柴原組は第1ゲームでブレークに成功する。その後ブレークポイントを3度握られながらも全て凌ぎ、ストレート勝ちをおさめた。

青山/柴原組は2021年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)、昨年の全豪オープンに続き、ペアとして3度目のグランドスラム4強入りを決めた。

青山/柴原組は準決勝で、第2シードのC・ガウフ(アメリカ)/J・ペグラ(アメリカ)組と第11シードのチャン・ハオチン(台湾)/ ヤン・ザオシャン(中国)組の勝者と対戦する。

[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加