秋山準「やる気ある」アジアタッグ王座獲得に意欲

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14

<全日本:千葉大会>◇13日◇千葉Blue Field

秋山準(48)が、アジアタッグ王座獲得に強い意欲を見せた。秋山は6日の大阪大会で、大森と組み野村、青柳の王者組に挑戦して敗れた。

その後、10日に今度は新日本の永田裕志と組んで2月3日の横浜文化体育館大会で再挑戦が決まっていた。この日の第2試合終了後に秋山は「大森があんなこと(頸椎椎間板ヘルニア)になって、本来やるべき試合がしっかりできなかった。今、オレと同じように頑張っている永田にお願いして、新日本も快く承諾してくれたので、もう1度あいつらの前に立ちはだかろうと思っている。久しぶりに体調もよく、やる気もある」と決意をみなぎらせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エロール・スペンス Jr.はメイウェザーを超えるか
亀田大毅氏 兄・興毅氏の復帰宣言に「僕は反対。ゴーサインは出せない」
WWEロウ、変わらないのは笑顔届けること/連載上
KANA「女子の時代を作る」新生K1初の女子対決
プロレス大賞MVP内藤“オカダ超え”3年連続に自信!ドームツアープランも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加